5月のトレイルランの中止

かんちゃんの通院後、通勤途中にバンビラインのトレーニングを行いました。3回目の往復トレイルをして、ヴィラに着いたら、「第7回経ヶ岳バーティカルリミット」大会事務局からのメールが届いていて、中止が決まったという連絡でした。何日か前のホームページでは、何とか開催の予定、となっていましたが、昨日の会議で中止が決まったということでした。
要は開催予定の地域の方へ、無用の心配を掛けることはできない、ということですね。いろんな地域密着型のスポーツイベントがありますが、あくまで地元の方の理解が得られる前提で計画されるので、昨年同様あちこちで開催中止が決まっているようです。残念ですが、止む無しです。
スポンサーサイト



カタクリの花

今日のトレーニングは、先日紹介したバンビラインのトレイルでした。勝山駅上り口から、比島上り口までを一往復、約7キロ、82分ほどでした。今期一番のトレーニングでした。
勝山駅上り口の看板に、第1展望台付近にカタクリの群生があると描いてある件について、注意しながら上ってみましたが、やはり見当たらず、数えられるほどの花が見られました。ちょっと時期が遅かったのでしょうかね。

カタクリの花

今日のトレーニングはバンビライン・トレイル

数日前のローカルニュースで、越前鉄道の勝山駅の南の小高い山に、園児たちが登ったという映像がありました。以前からその「バンビライン」と呼ばれるハイキングコースの存在は知っていたのですが、トレーニングに使えるほどのコースではなかろうと思っていました。
しかし、もしトレーニングに使えるなら、勝原桜坂まで時間を掛けて行かなくても、通勤途中にちょっと寄るだけなので、効率的だと思い、試しに登ってみました。


越前鉄道勝山駅舎②

越前鉄道勝山駅舎①
勝山駅舎は登録有形文化財です。

バンビライン①
バンビラインは距離がかなり曖昧ですが、標高差は200mくらいなので、期待できます。

バンビライン②
第2展望台から、恐竜博物館方面がよく見えます。

標高差が200mくらいなので、あまり急な階段コースはありませんが、それなりに負荷は掛けられました。桜坂は階段部分がないのですが、トレイルで一番負荷が掛かるのは階段なので、桜坂より適しています。他には4人のハイカーさんがいましたが、手軽なコースなので、もっと多いことも予想されますね。
勝山駅登り口から登って、比島登り口まで降りて46分でしたが、距離的には4キロ弱だと思われます。これを1往復、2往復すれば、十分トレーニングできそうです。

ただ、残念だったのは、登り始めて暫くすると、カタクリの群生があると看板に書いてあったのですが、ちらほら見え始めて、そのうち群生に着くと思っていたのに、結局想像されるような群生はありませんでした。

こんなバイクが出てるんですね

ネットの広告記事で、電動アシストのロードバイクが出ていました。何年か前、海外で、ロードレースの女子選手が電動アシストのバイクで出場したのがバレたという事件がありました。間違って練習用のバイクを使ったと言い訳したそうですが、簡単には見分けられないほどのバイクだったようです。
そして、満を持して?記事のようなバイクが登場したわけです。

『水筒かと思ったら充電池だった! 僅か8.5kgの軽さを誇る電動アシ搭載ロードバイク』
https://www.gizmodo.jp/2021/02/hps-domestique-1-21-e-support-bike.html

お金と最強の運の持ち主なら、如何。

第3波が怖いので

大阪、兵庫が最高の感染者数を記録しています。全国的な第3波という見解が優勢ですね。12月5日には、昨年初めて参加した、能勢妙見山トレイルランが開催されます(この第3波を気にしなければ)。このレースは地理的に、また交通手段的に、大阪、兵庫の参加者が中心だと思われます。また、更衣室が狭く、昨年並みの参加者がいると、確実に3密になります。
今回は主催者側の段取が悪く、一時開催が危ぶまれる事態がありましたが、何とか開催にこぎつけたこともあり、せめて一年の締めくくりとして、個人的には今年1つだけになってしまったスポーツイベントを楽しみたいと思って、トレーニングもそこそこ積んできましたが、昨日の感染者数の拡大を見て、やっぱり今年は自重の年だと、諦めることにしました。16日が締め切りなのですが、よほどのことがない限り、申し込みはしないつもりです…。今後は体調管理のジョギングに務めようと思います。

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR