かんちゃんの腎臓病の定期通院の結果

昨年12月中頃から心配の種である、かんちゃんの腎臓病の定期通院に行ってきました。12月に元気がないようなので診てもらったら、血液検査の数値で腎臓病の疑いがあるということが判明し、食事を腎臓サポートタイプに変更して、更に2月からはアミンアバストというサプリメントを併用しながら、経過を看てきました。腎臓サポートタイプのエサは味が好みではないようで、一日の摂取量が半分くらいに減ってしまいましたが、特に体力が落ちてきたという様子はないので、止む無しというところでした。
今日の検査の結果は、前回よりは良くなっていて、クレアチニンの数値は標準の範囲内に収まっているということで、ホッとしました。とはいえ、他の数値的には完全に安心できるものではないので、今後も同様の食事療法の継続となりました。食事の量が減っていることの問題は、体重の減少は僅かだけれど、赤血球が減っているので、食事量を増やす対策も必要でしょうと言われました。またネットで勉強しようと思います。
スポンサーサイト



かんちゃんの腎臓病

かんちゃんは推定11歳になる、元保護犬のトイプードルです。トイプードル・ミックスとして我が家に来ましたが、どうもミックスではないような気がします。昨年4月に我が家に来てから健康診断をしてもらいましたが、血液検査はしませんでした。
昨年12月の中頃、ちょっと元気がない日が続いたので、心配になり受診して、念のために血液検査もしてもらいました。腎臓病の項目の窒素とクレアチニンが基準値を少し上回っていたので、腎臓病の疑いがありました。後日尿検査もして、比重は問題なかったので、あくまで疑いの状態で、暫く経過観察となり、先週再検査をしてもらいました。やはり窒素とクレアチニンが基準値を上回っていたので、腎臓病とほぼ確定となりました。腎臓サポート食に変更して、アミンアバストという腎臓病改善目的のサプリも試すことになりました。アミンアバストはまだあまり一般には販売されておらず、病院か個人輸入に頼っているようで、かなり高価です。通常使用量は240円/日と、人間様の一般的なサプリの倍もします。
今日は尿を採取して、検査してもらいましたが、前回同様、比重は問題なかったので、腎臓の機能的にはまだ大丈夫という診断でした。普通食でも大丈夫でしょうと言われましたが、高齢でもあり、今後の腎臓病との付き合いを考え、腎臓サポート食とアミンアバストを継続することにしました。ただ、アミンアバストは、カプセルのままでは食べられず、薬がかなりこぼれてしまうので、チュールに混ぜて飲ませる必要があり、量を半分に減らして様子を見ることになりました。
ペットを飼えば、高齢になれば大なり小なり病気に罹り、老衰で亡くなるのは僅かになると思います。前のチワワのライちゃんは、血液のガンと心臓病の合併で亡くなりましたが、犬の死因は①ガン、②心臓病、③腎臓病ということです。今後は2、3ヵ月毎に検査をして、経過観察することになりました。

かんちゃんの健康診断

トイプーミックスのかんちゃんは、食事のくせが強く、同じエサが長続きしないと言う問題があります。今のエサもなかなか食べてくれず、一日一食という状況が続いていました。先週は、朝元気がないという日が何日かあり、お腹が減っているのか、体調が悪いのか分からなかったのですが、ちょっと心配だったので゜、金曜日に医者に行って来ました。
お医者さんの説明では、トイプーは頭が良くて、食事が好みでないと欲しいものが出るまで食べないということがあり、体重が減っていないなら、それ程心配しなくてもいいけれど、心配ならいくつか検査はできますよ、ということでした。前のチワワのライ君が、元気がなくて診てもらったら血液の病気が分かったこともあり、血液検査をしてもらいました。
結果として、腎臓に怪しい数値が出ていて、クレアチニンの数値が、標準より僅かに高く出ていました。一応腎臓病の疑いがあるというので、次回尿検査をして、場合によっては他の検査もして、詳しく調べてみましょうと言われ、とりあえず腎臓病食を受け入れてくれるか様子を見るためにと、サンプルをもらいました。
家に帰って、そのクレアチニンの数値について調べてみると、腎臓は相当悪くなってからしか数値に表れず、症状もステージ3くらいにならないと分からないことが多いそうで、1.5という数値は、標準の~1.4に対して、僅かに高いということではなく、既にステージ2に該当するというので、心配でした。
元々かんちゃんを飼う際、問題のない優良犬であることが必須というわけではなく、老後を穏やかに過ごしてもらって、私たちを癒してくれれば、という思いでしたので、それ程のショックはありませんでした。家内も私の話を、それ程ショックを受けている様子もなく受け入れてくれたのが幸いでした。
ということで、今朝採尿して、受診しました。幸い尿検査は正常で、クレアチニンの数値が一時的なことも考えられるので、1月半ばにもう一度血液検査をして、まだ数値が悪ければ、詳しく検査してみましょうということになりました。新しい物好きなことは分かっていましたが、腎臓病食のサンプルは喜んで食べていて、今までの食事を受け入れてくれるかはちょっと心配でしたが、帰ってから,問題なく食べてくれ、一安心でした。
なお、かんちゃんは保護犬だったので、トイプーミックスと言われていて、そうとして受け入れましたが、病院で他のトイプーを見ていると、ミックスでないかもしれないと思うようになりました。だからどうだということではないのですが、足がちょっと短いのも、鼻がちょっと長いのも、かんちゃんの個性なのかなと思います。

かんちゃんのトリミング

11月はかんちゃんのトリミングには行っていませんでした。寒くなってきたので、服を着せるとはいえ、寒いといけないので、毛を増やすことにしたわけです。犬友さんから「トイプーはシングルコートなので寒さに弱い」と聞いていたので、少しでも長い方がしのげるかな、と思いました。
ここで一口メモ。シングルコートの犬は、プードルの他にヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨン、フレンチブルドッグなどがいますが、ダブルコートの犬の短い方の毛が抜けるのに対し、シングルコートの犬は毛が抜けないので、世話が楽なのです。


しかし、流石に目の周りの毛が増えてきて、見難くなっているのではないかと心配になり、久し振りにトリミングに行って来ました。いつものトリミング屋さんでしたが、「スタンプが溜まっていたので、10%引きだったわ」と家内は喜んでいました。

ビフォー
かんちゃん20201209

アフター
かんちゃん20201210

3歳ですと言っても通じるんじゃないでしょうか。ただし、眼の白内障は隠せませんが。

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR