ラグビーのことは分かりませんが、アイルランドのポイント1

私はラグビーのことは全く分かりませんが、やはりワールドカップには、ついつい引き寄せられてしまいます。
今日も仕事が一段落してから、アイルランド-日本戦をテレビで見始めました。既に後半も64分でしたが、予想外の(失礼)展開で、返って、見るのが怖いくらいでした。スッキリしなかったのが、アイルランドのラストプレイでした。7点差で、そのまま攻撃を続けて、トライ成功&ゴールも成功なら同点というのが、素人の見方でしたが、キックをミスして試合終了。あれれれっ?
その後の放送中に「アイルランドは1点を取りに行った様子」ということで、謎は深まるばかり。ミスではなく、意図的にラインアウトにした、ということらしいのです。
検索してみたら、7点差以内の負けはポイント1点とな。7点取って同点は夢だけど、現実には1点取る方が今後に期待できるし、最終的にはポイントで決まる、というルールの有効利用なのですね。奥が深い。この1点は4トライのボーナス1点と同じ価値があるのですから、冷静な判断といえるのでしょう。
スポンサーサイト



4,500万円~のアナログプレーヤー

昨日本屋さんでステレオサウンド誌を立ち読みしました。
相変わらず、夢に見ることさえ叶わぬ高額製品の公告が並んでいましたが、ふと、あるアナログプレーヤーが目に留まりました。見るからに重そうなプラッターが、びくとも動きそうにない土台に埋め込まれていました。「価格は、フムフム450万円か、高いよね~。げっ、4,500万円!!!!!!!!!!!」想像を絶する設定です。もはやスペックがどうこうのレベルではないですね。マンションを買うかプレーヤーを買うか、でしょうか。いや、こんな物を買う人は豪邸に住んでいますよね。
テクダス


ステレオサウンド・オンライン記事
https://online.stereosound.co.jp/_ct/17258544

4301で聴く…今田勝『グリーン・キャタピラー』 (レコード)

今日の4301で聴くは、今田勝さんの75年のアルバム『グリーン・キャタピラー』から、2曲です。
このアルバムは「スリー・ブランド・マイス」レーベルなのですが、襷には「CATシリーズ」と銘打たれています。
「CATシリーズ」の記憶もなく、ちょっと調べてみましたが、分かりませんでした。


グリーンキャタピラー

CATシリーズ




「ブルー・インパルス」 (ZoomQ2nによる録音)
https://youtu.be/RnooAhJ2Zuk
今田勝、p
福井五十雄、b
小原哲次郎、ds



「スパニッシュ・フラワー」
https://youtu.be/hOuMw_Dgmlg
+今村祐司、perc

再生機器
パイオニア PL-30LⅡ
エンパイヤ 4000D/Ⅰ
ヤマハ CA-R1
JBL 4301


実は、このアルバムのタイトル曲「グリーン・キャタピラー」は、私の中の今田さんのイメージでは理解しがたく、超個性的な曲に思っています。ハービー・ハンコックのファンクに影響を受けたのだろうか、という感じの演奏になっていて、紹介するかどうか迷ったのですが、見送ることにしましたが、もし聴いてみたいというリクエストがあれば、アップできます。


PL-30LⅡ

今回の録音では、パイオニアのレコードプレーヤー PL-30LⅡが初登場になります。
事務所では、しばらくマイクロのBL-71を使っていたのですが、先般テクニクスのカートリッジをいただいたことがきっかけで、現在ヴィラにあるカートリッジをどれでも付け替えし易いように、自宅のPL-30LⅡと入れ換えをしました。
ヴィラにある、もう1台のプレーヤー パイオニアPL-5Lとは、トーンアームの交換が可能で、現在は3本のストレートアームと1本のS字アームがあります。
ストレートアーム①エンパイヤ 4000D/Ⅰ
ストレートアーム②シュアー M97xE
ストレートアーム③デンオン DL-103S (敢えてのデンオン)
S字アーム①テクニクス 205C-ⅡL

昨夜は伊予製麺で

19~23日の5連勤と25~29日の5連勤の間で、昨夜は自宅に帰りましたが、久しくオイル交換をしていなかったので、オートバックスに行きました。終わったタイミングが、家内の終業くらいだったので、伊予製麺で待ち合わせしました。数年前にできたのですが、行くのは初めてです。
私は期間限定の「塩豚ネギ(だったような)」にジャンボいなりを追加、家内は山菜しょうゆに掻揚げとジャンボいなりを追加しました。
讃岐うどんのイメージは、出汁にしょうがを溶いた味なので、しょうゆ味は意外でした。食べ切れない様子だったので、少し後片付けをしましたが、やっぱり私的にはナシでした


伊予製麺

売らないペットショップの記事

MSNニュースの記事で、女性セブンからの記事の紹介がありました。

我が家には、娘の同僚が拾った子猫を、一時預かりの後に貰った、いこちゃんがいます。
いこちゃんが我が家に来る1年前に、10歳8ヶ月でチワワのライちゃんが亡くなりました。ライちゃんはペットショップで家内が一目ぼれして買ったのですが、病気のために亡くなりました。家内はペットロスになり、「もう生き物は飼わない」宣言をしていたのですが、一時預かりのいこちゃんに、ほだされてしまいました。
犬と猫では生き方が違うので、飼い主の好みも分かれると思いますが、「ライちゃんは○○だったのに」とか言いながらも、それなりに受け入れております。


「売らないペットショップが登場、命に値段つけることに疑問」
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%a3%b2%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%8c%e7%99%bb%e5%a0%b4%e3%80%81%e5%91%bd%e3%81%ab%e5%80%a4%e6%ae%b5%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%ab%e7%96%91%e5%95%8f/ar-AAHIdsz#page=2
ペットショップ

記事の中で、『無料だけど、「家族全員が飼育に賛成している」「毎日欠かさず世話ができる」など、譲渡には厳しい条件や審査があり、さらにペットを飼う際の心構えを学ぶための講習会を受けなければならない。譲渡費用3万7800円が必要で、保護期間中の医療費(避妊・去勢手術や検査、各種予防、ワクチン接種)や管理費の一部にあてられる。』などの条件がつきますが、納得できる内容だと思います。

カップ麺いろいろ

仕事に必要な消耗品を買いに、近くのホームセンターに出掛けたところ、食料品のお買い得セールをやっていて、その中のカップ麺に引き寄せられてしまいました。6個で税込み500円でした。
サンヨー食品の「旅麺」というシリーズのようですね。

札幌 … コク味噌
喜多方 … 旨み醤油
横浜 … 豚骨醤油
京都 … 背油醤油
広島 … 汁なし坦坦麺
博多 … 明太味とんこつ


サンヨー食品

ちなみに、上から順番に試食の予定です。
旅麺シリーズは、他にもあるのでしょうか。

エンタの神様に登場した古いアンプ

先日放送された、エンタの神様300回記念の、陣内智則さんのネタで登場していたのが、ヤマハのプリメインアンプCA-X11でした。このネタの放送は2005年5月ですが、CA-X11の発売は77年ですから、テレビに登場していた段階で、既に骨董品並ですね。ググってみたらCA-X11はCA-X1の後継機という立場以上に、CA-R1並の性能を備えた、お買い得機という設定だったようです。
CA-X11.jpg

今日のジョギング8キロ

今日は10キロコースの途中まで、だらだら上りを少し取り入れてみました。4キロ地点にある石碑の写真を撮りましたが、大したことは書いてありませんでした(自爆)。9月に入って6回で36キロですが、今月は後3回くらいで、60キロくらいの予定です。
荒神石橋

今朝のいこちゃん

今朝、私がダイニングに下りたときの、いこちゃんの様子です。

IMG_0545.jpg

いこちゃん19.9.19②

なっちゃんの集中力

今日は、なっちゃんとママが自宅に遊びに来たそうです。毎度のことではありますが、じーじは独りでお仕事中。自宅から1.5キロくらいの、坂井市のグリーンパークへ遊びに行ったのですが、その中の施設内で、積み木遊びをした写真が送られてきました。

積み木
左端の一番高いタワーはママが積んだのですが(多分その前の下の方も)、他は全部、なっちゃんが独りで積んだのだそうです。どれだけ時間が掛かったのかは分かりませんが、3歳半の子が、あんなに高く、しかも狭いスペースで積んでいくというのは、信じられない集中力です。

ただのじじバカですけど、何か?

中秋の名月、見れなかったけど

昨日は中秋の名月でしたが、残念ながら勝山は雲が多く、見ることができませんでした。お客様の中には、椅子に座ってずっと空を見上げていた方もいらっしゃいました。雲が少し薄くなって、月らしい灯りになることはありましたが、雲が途切れることはありませんでした。
今日は良く見えます。1日ずれるだけで、何の価値もなくなってしまうのでしょうか。そんなことはないでしょう。昨日より、ちょっとだけスリムになったお月様もきれいですよ。

IMG_0540.jpg

訂正
今年は13日の中秋の名月は満月ではなく、14日が満月だったようです。記事中「昨日より、ちょっとだけスリムになった」は間違っておりましたので、ご了承ください。

娘に赤ちゃん

今年5月末に結婚した娘に、赤ちゃんができたとの知らせが入りました。予定日は来年の5月らしいです。私としては2番目の孫になります。お婿さんは早く欲しいと言っていたので、さぞうれしいことでしょう。私といえば、相変わらずの「亭主元気で留守がいい」状況なので、孫との顔繋ぎが難しいことには変わりなく、ここでも働き方改革が必要かなぁ。
今になって思えば、先の広島旅行は、家内の動き優先で、ゆったりした旅だったので、問題なくてよかったかな、と思う次第です。

競輪のトップレーサー、足こぎ式の給油機を使って給油作業を手助け

今朝の報道番組で、停電の続く千葉県での、意外な人力作戦が報じられました。
ガソリンスタンドでの話ですが、停電のため給油機が動かないので、店主の知人関係の競輪の選手にお願いして、足こぎ式の給油機で、ガソリンを供給した、というニュースでした。
足こぎ式の給油機というものがあることも、初めて知りましたが、一人で6時間もこぎ続けたというのは、ものすごいことだと思います。当然、休憩や水分・食事の補給は怠りなかったとは思いますが、日陰でもかなりの風がなければ、ペダルをこぎ続けるのは体力・気力ともに、大変な作業でしよう。


ヤフーニュース 
競輪のトップレーサー山賀雅仁(37)=千葉、87期=が11日、台風15号の影響で停電が続く千葉・君津市内のガソリンスタンドで、足こぎ式の給油機を使って給油作業を手助け
山賀雅仁さん

マブチの水中モーターって、ご存知?

昨日、2022サッカーW杯アジア二次予選 ミャンマーVS日本戦を見ていたら、ホンダのCMが流れました。すると、のっけから意外なものが見つかりました。約50年前に遊んだ、マブチの水中モーターらしきものです。今時そんな昔の物が残っているはずはないとも思いましたが、ググってみたら、タミヤから復刻されているそうですよ。懐かしいですね。
wiki⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC


ホンダのCM

604Eで聴く…佐藤允彦&エディ・ゴメス『シャガール・ブルー』その2

今日の604Eで聴くは、昨日に引き続き、佐藤允彦&エディ・ゴメス『シャガール・ブルー』80年 から3曲です。
幸いソニー包囲網には掛からなかったようですので、気を良くしての紹介です。

YouTubeのコピーライト・アナリシスをチェックすると、そもそも分析対象にもなっていない様子ですので、アナログ音源はチェックしていない説が、正しいかもしれません。

佐藤允彦&エディ・ゴメス

「この先有料道路」 (ZoomQ2nによる録音)
https://youtu.be/q5d_QfaENfQ


印象的な夕暮れ~サムガーティ(2曲続けて録音)
https://youtu.be/X6YhiNfoDcg


再生機器
パイオニア PL-5L
テクニクス 205C-ⅡL
プリ…エクスクルーシヴ C3
パワー…マニア作 300Bシングル
アルテック604E (うに研究所製ネットワーク)

604Eの音については、長い歴史があり、モニターとして定評のあるユニットを、大型の後面開放箱に収めていますが、爆音でも崩れず、中域が厚く、高域も見かけ程刺激的ではなく、基本的に低域に重さや伸びを求めないので、私の好みにマッチしています。


604Eで聴く…佐藤允彦&エディ・ゴメス『シャガール・ブルー』

今日の604Eで聴くは、佐藤允彦&エディ・ゴメス『シャガール・ブルー』80年 から1曲です。
ソニー・マスター・サウンド・シリーズのアルバムですが、イースト・ウインドの製作陣によるものです。
シャガール・ブルー
佐藤允彦さんは特に好きなジャズマンですが、特にエディ・ゴメスさん、スティーヴ・ガッドさんとのトリオシリーズは大好きです。
このアルバムは、オーレックス・ジャズ・フェスティバルで来日していたエディ・ゴメスさんを捕まえての、デュオアルバムになります。
一度はCD化されたようなのですが、今はもう手に入れることは非常に難しい感じですね。
ということで、今日もテクニクス 205C-ⅡLを使ってのレコード再生になります。

紹介する曲は、アルバムタイトル曲です。
「シャガール・ブルー」  (ZoomQ2nによる録音)
https://youtu.be/2W5lQH7cRvw

録音後トラックダウンまでの間の9月15日に、ビル・エヴァンスが亡くなり、シャガール・ブルーは彼に捧げられる曲になったそうです。


再生機器
パイオニア PL-5L
テクニクス 205C-ⅡL
プリ…エクスクルーシヴ C3
パワー…マニア作 300Bシングル
アルテック604E (うに研究所製ネットワーク)

さて、ソニーさんの音源ということで、網にかかってしまうかもしれません。無事を祈ります。

広島親娘旅 その3 9月1日

広島旅行の最終日は原爆関係施設の見学です。そもそもこの広島旅行の主目的は、この原爆関係施設を巡ることでした。
日本人300万人が、また多くの外国の方たちが亡くなられたという過去を忘れないように、当事者ではなくとも、昭和に生まれた人間としての宿命かと思っています。まあ、そんな大袈裟なことはさておき、旅行記としてご覧いただければと思います。

朝、ホテルのカーテン越しの光が鈍く、家内が「今日は天気が悪いみたい」と言うので、「雨が降っていなければいいさ」と答えたのですが、カーテンを開けると、雨でした。それ程強く降っているわけではありませんでしたが、ちょっと出鼻を挫かれました。
朝食を済ませ、自宅に送る段ボールの支度をして、近くのファミマに出かけました。実は昨夜のうちに、送り状だけ貰って書いておいたのですが、到着日と指定時刻を勘違いしてしまい、結局また書き直しでした。

原爆ドームは、銀山(かなやま)町駅から広電本線で数駅、原爆ドーム前駅で降りて、すぐ目の前です。
原爆ドーム
東日本大震災でも同様なことがありますが、被害の跡を保存するか撤去するか、かなり決定には時間が掛かったようです。
原爆ドームの保存が決定したのは、昭和41年で、第1回の保存工事は翌年に行われました。しかもこれは、国が決めたことではなく、広島市議会の決議によるものです。なお、今年、長期的保存に向けた工事の入札が行われましたが、不調に終わり、先送りになっているそうです。

原爆ドームから広島平和記念公園に入り、原爆の子の像や平和記念像を巡り、広島平和記念資料館に入りました。現在耐震工事中ということでしたが、外側の工事で、中は影響はありませんでした。
IMG_0502.jpg
IMG_0504.jpg
碑文「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」
資料館
当然ですが、中の資料は、凄惨な原爆の被害の証拠ですので、正視できない物も含まれています。
入館時から静かでしたが、資料室途中の順路は物音一つ立たない、張り詰めた空気が漂っていて、ハンカチを握り締めた人も多く、時折鼻を啜る音が静かに響きました。
『幼子の 葬列が如く 資料館』

11時からは「被曝体験伝承講話」があり、50分ほどですが、被曝体験者が高齢のため、本人は伝承が難しくなっていく現状なので、その子世代(所謂被爆二世)が伝承していくという取り組みです。

平和記念公園を後にし、帰路に着きます。広島駅での昼食は広島焼きです。お好み焼きは夕食でも食べる我が家ですが、広島焼きはお好み焼きに焼きそばがついたもの、というイメージとはちょっと違っていました。所謂ベースとなる小麦粉焼き部分が薄いのですね。そのため口の中がもったりせず、軽く食べられます。家で作るとなると、如何に薄く焼くかが課題かなと思います。
もう一つのお目当ては、「ウニホウレン」です。
ウニホウレン
るるぶに「今広島で大人気」と紹介されていたので、早速注文しました。ホウレン草を炒めて、その上に生ウニを乗せてあるだけですが、シンプルゆえの美味しさというのでしょうね。家ではウニをそんなに贅沢に使うことは考えられないので、旅行ならではの贅沢です。
食後も家内と娘は、最後の最後までお土産を思案していましたが、幸い大して嵩張らず、ラッキーでした。
夕食用に駅弁を買いましたが、私は予定通り、あなご飯にしました。とっても美味しかったですよ。広島土産のお勧めです。

604Eで聴く…高瀬アキ/ソング・フォー・ホープ

今日の604Eで聴くは、高瀬アキさんのライヴアルバム・レコード『ソング・フォー・ホープ』から2曲です。レコードというところが、みそになります。しばらく前の記事で、ヴィラのリピーターさんからの頂き物について書きましたが、お客様の奥さんのお父様が、昔から保存していた、未開封のテクニクスのカートリッジ205C-ⅡLを頂いたのです。その205C-ⅡLが、今日の記事のメインテーマになります。

なお、今日の記事は、一年前にヤフブロでアップした記事を、修正したものになります。

高瀬アキ 『ソング・フォー・ホープ』 81年11月5日西ドイツ、ベルリン・ジャズ・フェスティヴァル
高瀬アキ/ソング・フォー・ホープ

高瀬アキさんは、私が卒業後に世に出た方なのですが、ジャズの師匠が、アルバム『ソング・フォー・ホープ』をカセットにダビングして送ってくれました。卒業した年のGW連休に、カセットデッキを担いで、師匠の元へ出かけていったものですから、見かねて「デッキを買って、ここに置いておきなさいよ。テープがあれば送ってあげるから。」と、優しいお言葉を頂いたので、ずっと甘えておりました。
そんなカセットの中で、「ソング・フォー・ホープ』は格別に感動した曲でした。高瀬さんはフリーとオーソドックスが入り混じった演奏をされるのですが、フリーといっても、極端に分けが解らないというほどではないので、その部分はある程度流して、ベースやドラムに集中するなど、対策はとれるので、フリーから突然美しいメロディーが湧き上がる瞬間を捉えれば、エクスタシーを感じることができるのです。

ライナーから少し転載しますと
…このレコードに収められた他の3曲は、すべてアキのオリジナルだが、この「ソング・フォー・ホープ」はだけは、そう言い切れない。これは、アキがファラオ・サンダースの書いた曲のリフを使い、再構成したものなのだ。だが、どこかで聴いたファラオのリフが耳に残っただけで、彼女はそのレコードも持っていない。そこで、この曲を演奏するときはいつも、「ウイ・ラヴ・エヴリホエアー」というファラオの曲です…と、うろ覚えのタイトルをアナウンスしていた。ところが、ある日、熱心なファンがアキに、それはファラオの「希望の歌」という曲ですよ、と教えてくれた。

(曲中、高瀬さんの声が入るのですが、それに関しては)
…「わたし、大声出して歌ったんだけど、マイク入ってなかったのかな」ということだ。
ステージへ上がる前の打ち合わせでは、森山、井野の両名も加わり、ワメキたてる手筈だったそうだが、二人ともステージに上がったら歌うのを忘れてしまったらしい。
-軒口隆策-

紹介する曲は
「ソング・フォー・ホープ」 (ZoomQ2nによる録音)
https://youtu.be/scRCiZE5fYk


「ミネルバの梟」
https://youtu.be/Qha2KEGBQmg
高瀬アキ,p 井野信義,b 森山威男,ds

再生機器
パイオニア PL-5L
テクニクス 205C-ⅡL
プリ…エクスクルーシヴ C3
パワー…マニア作 300Bシングル
アルテック604E (うに研究所製ネットワーク)


テクニクス 205C-ⅡL
205C-ⅡL①
テクニカルデータが付いています。
205C-ⅡL②
針先カバーにもシールが巻いてあります。
205C-ⅡL

通常は、PL-5Lにはシェアー M97xEをストレートアームで使っていますが、今回テクニクス 205C-ⅡLを使うにあたって、S字カーボンアームに交換しています。

未開封とはいえ、推定40年前のカートリッジですので、まともに音が出るのか一抹の不安はありましたが、一発目から普通に音が出ています。特に違和感はありませんでした。一応1時間ほどレコードを鳴らしてから、先の2曲を録音しています。205C-ⅡLはテクニクスとしては中間クラスになると思いますし、カートリッジ界的にも、金額的にその程度です。取り敢えずの感想としては、特に目立つ帯域はなく、ナチュラルな音かと思いますが、ジャズに向いているかと言えば、ちょっと物足らない感じもあります。

広島親娘旅 その2 8月31日

宮島は半日でも観光できるのですが、無理せず1日かけることにしました。
広電本線1日乗り放題とフェリーのセット券840円を購入して、銀山町駅から宮島口までは1時間ほどです。土曜日ということで通勤客が少なく、夏休みも終わりなので、座って行くことができました。
林先生の日本ドリルで、宮島へのフェリーの件が出ていましたが、今は大鳥居が修理中なので、あまり関係なく、セット券のフェリーで向かいました。厳島神社までは700mほどの歩きですが、それ程暑くもなく、のんびり歩いて行けます。
宮島の石塔
奈良ほどではありませんが鹿がたくさんいます。ただ、ここの鹿は野生なので、えさを与えないようにと看板が出ています。
鹿が通せんぼ
この鹿は営業妨害ですよね。

厳島神社の中は一方通行ですし、観光客もそれ程多くないので、マイペースで回れました。中を拝観している間にも潮が引いていくのがよく分かりました。
入り口

本殿前

次は弥山(みせん)へ、ロープウェイで上りました。2本乗り継いで、頂上駅の展望台から、瀬戸内海が見渡せましたが、生憎遠くは霞んでいました。
弥山から下りたところで、丁度干潮のタイミングになったので、大鳥居まで歩いて行けました。なお、この干潮は工事車両の運搬のタイミングでもあり、工事もなかなか気の長い作業だと分かりました。満潮になっても、船が自由に行き来できるほど深くはならないようなので、仕方ないですね。
大鳥居

遅い昼食になりましたが、るるぶお勧めの牡蠣屋で「牡蠣屋定食」を注文。やはり牡蠣フライがとても美味しかったのですが、「特選牡蠣屋定食」では牡蠣が特大になるのが気になりますね。
牡蠣屋定食

焼き牡蠣

牡蠣屋店頭

昼食後はフェリー乗り場近くの「豆柴カフェ」と「ひょう猫の森」のはしごです。もう一つ「フクロウカフェ」もあったのですが、面白そうではないのでパス。ワンコもニャンコも抱っこすることはできませんが、自分から膝の上に乗ってくる分にはOKということです。「豆柴カフェ」は普通に豆柴がたくさんいるのですが、皆吠えないので、静かに遊んでいました。ちょっとしたケンカなのかじゃれ合いなのか分からない程度の悶着はありますが、スタッフは落ち着いて対応していて、不安は感じませんでした。
「ひょう猫の森」はベンガル猫がいるカフェになります。ベンガルヒョウのような模様からの由来でしょうね。あまり動いてくれないのが残念でした。他のお客さんの膝の上でずっと寝ている子もいました。
ベンガル猫

ゆっくり休憩もできたので、フェリーと広電で広島駅の「ekie」に向かいました。
広電本線1日乗り放題とフェリーのセット券は840円と割安な上に、もみじ饅頭を3個もらえたり、ロープウェイの大幅割引があったりと、超お得なセット券ですよ。
夕食は予定通り、広島つけ麺を食べましたが、るるぶでは、初心者は辛さ2倍がお勧めということで、おっしゃる通りにしましたが、もうちょっと辛くても大丈夫な感じです。

広島つけ麺

東京マラソン申し込み…あららっ

先程、東京在住の長男からラインが来たのですが「東京マラソン都民枠は、落選だった」でした。
ゲゲゲッ、申し込みすっかり忘れていました。オーマイガッ!

初回に参加して以来、ずっと落選が続いていたとはいえ、来年から連続3回落選の人は、先に抽選をするとかの話があったはずですので、これはちょっと大きな失敗ですね。残念!

いこちゃんにはどう見える?

いこちゃんは、ダイニングの掃出し窓の前に置いてある、ビーズクッションに居ることが多くなりましたが、座るポイントによっては、窓に張ってある断熱用のプチプチで、外がよく見えなくなるのです。大概張ってないほうの窓側に座ったり、頭を張ってない方の窓に向けていたりするのですが、今朝はもろにプチプチから外を眺めていました。一体、いこちゃんには外の景色はどのように見えるのでしょうかね。



広島親娘旅 その1(実は山口) 8月30日

広島親娘旅 その1 8月30日

朝は、いこちゃんがおしっこをするタイミングを考え、ゆっくりめの出発でした。
広島の天気予報はずっと雨だったのですが、木曜日午後から回復傾向になり、家を出る時も降っておらず、穏やかな旅立ちとなりました。
福井駅では余裕があったので、駅前の恐竜の写真を撮りました。ネットでは「福井は無駄なことにお金をかけてる」という評価もありますが、他に目立った今風の売りがないのが実情ですね。

駅中恐竜

駅前恐竜①

サンダーバードで京都へ、京都からは新幹線「のぞみ」で、広島へ。考えてみると、「のぞみ」は初めてですね。新幹線は基本的に東京方面に行くときに乗るのですが、北陸線⇒新幹線は米原乗り換えになり、のぞみは停まらないのです。結果乗るのは「ひかり」に限定されてしまうのですね。

福井⇒広島は3時間半もかかりません。広島駅から広島バスセンターまでタクシーで向かい、バスマチフードホールでお昼ご飯にしました。予定では広島焼を食べることにしていたのですが、予想外に広島焼がなく、普通にローストビーフ丼にしました。
高速バスで錦帯橋に向かいましたが、結構寝ることができました。
この記事のタイトルは広島親娘旅ですが、実は1日目の目的地の錦帯橋は山口県です。何事にも緩いのは私の持ち味ですので、ご了承ください。

錦帯橋は田舎の風景の中にあるのかと思っていましたが、結構な街並みがありました。残念ながら、建築学には疎く、構造的な面白さはあまり感じられませんが、美しさは見事です。

錦帯橋遠景

錦帯橋を渡るといかにも観光地の様相ですが、ソフトクリーム屋さんで「地獄ソフト」というのを見つけ、「何味なんですか?」と聞いても「食べてからのお楽しみ」と返されてしまいました。
「汚れるかもしれませんから、気を付けてください」と言われましたが、誰がどんだけ気を付けても、確実に汚れますから。
ネタバレはしないでおきますが、息や風向きに気をつけましょう。
Image-1.jpg

岩国城に向かうロープウェーが、定期点検といことで、運行していなかったのは予定外でしたが、穏やかな天気でゆっくりできました。

再び高速バスで広島市内に戻り、路面電車で広島駅へ向かいました。
家内は軽度ながら坐骨神経痛で、あまり動き回ることができないので、今回の旅行では食事に関しては、あまり無理をしないことにしていました。それで、2回の夕食は広島駅内の「ekie」で探すことにしていました。
6階のお食事処を見て回りましたが、京都的な「おばんざい」を記しているお店に入りました。メニューを見て「アナゴの刺身」が目に留まり、最初に決定。単品メニューやセットメニューを組み合わせて、楽しみました。アナゴの刺身は、鯛の様な白身魚ですが、こりこりと歯ごたえがあり、お勧めです。
アナゴの刺身

銀山(かなやま)町のホテルに入り、先に送っておいた荷物を受け取り、買ってきたお土産を自宅に送る段ボールをもらい、支度をしました。窓下には京橋川が見えました。
ちょっと休んで、ロビーに下りて新聞を読んでいると、レストランが賑やかになり、どうやら婚活パーティーが始まったようで、フロントの方に聞くとやっぱりそうでした。

いこちゃんのお留守番

8月30日~9月1日に親娘3人で、広島+山口に旅行に行ってきました。
この旅については、次の記事で詳しく綴りたいと思いますが、この3日間、いこちゃんは独りでお留守番となりました。
この旅の最大の課題は、この3日間のいこちゃんのおしっことうんこを、どう管理するかということでした。猫は一日おしっこが出ないと、尿毒症になる心配があるというのです。しかも困ったことに、猫はきれい好きで、トイレに前のおしっこやうんこが残っていると、次にできないのです。日頃も、おしっこをして、それの掃除が終わるとうんこをするというパターンです。というわけで、弟夫婦や娘のお婿さんに分担をお願いして、助けていただくことにしました。幸い特に問題もなく、おしっこもうんこも順調に出ており、事なきを得ました。

これからも、この問題には悩まされそうですよ。

IMG_0522.jpg

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR