4301で聴く … 水越恵子『JIGGLE』②

今日の4301で聴くも、昨日に続きまして、水越恵子さんのアルバム『JIGGLE』81年 から2曲です。

私が初めて、生水越さんに会えたのは、多分99年です。石川県のボランティアサークル主催のコンサートの、ゲストとして参加されていました。当時は今のようなネット環境ではありませんでしたが、多分新聞で読んだのだと思います。早速その主催者に電話して、チケットを確保しましたが、その方は昔、水越さんの追っかけをされていたそうで、楽しい方でした(女性)。
会場で、発売されたばかりの4枚組みCDの販売があることも分かっていたので、諭吉を揃えて行きました。4枚組みの3巻まとめて購入しましたが、最後の12枚目のアルバムだけは、初めからCDで発売されていたので、ダブっています。
CD購入者には、サインをもらえることもわかっていたので、持ち込んだのは、3枚目のアルバム「アクエリアス」(当然LP)でした。水越さんも「あ、懐かしい」と喜んでいただけました。

ジグル2
窓景色 (Z00mQ2nによる録音)
https://www.youtube.com/watch?v=reBKP3ahR-s
 

SLOW & SLOW
https://youtu.be/hKlBsgcbCtw

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
JBL4301


今年一年、ヤフブロ、およびFC2ブログで、拙ブログをご覧いただきまして、お礼申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト



4301で聴く … 水越恵子『JIGGLE』

今年はヤフーブログが解散となり、なんとかFC2ブログに移行できましたが、なかなか使い方も分からず、試行錯誤の日々です。
拙ブログにお立ち寄りいただきました方々には、感謝申し上げます。
今日、明日は今年最後のミニ祭りとして、水越恵子さんの曲を紹介したいと思います。


今日の4301で聴くは、水越恵子さんの6枚目のアルバム『JIGGLE』81年 から2曲です。
水越恵子さんの曲をヨーツベで紹介している方は、何人もいらっしゃいますが、私も微力ながら応援に参加させていただいております。

ジグル
YOU  (Z00mQ2nによる録音)
https://youtu.be/b6CYpoNytQY


最後は愛して
https://youtu.be/t8PwiEFmjcM

なお、先日のネットのトラブルの対応上、ヨーツベでのマイチャンネルが従来とは変わっておりますので、今後はこのチャンネルでアップしていきます。

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
JBL4301

拙ブログの、水越恵子さんの部屋録ヨーツベを観ていただいた方々に感謝

今年も後三日となりました。ヨーツベを開いて見たら、「あなたへのおすすめ」動画に、昨年の秋にアップした、水越恵子さんの曲の部屋録が出ていました。それ自体は珍しいことではないのですが、その視聴回数が、信じられない回数でした。世の人気ユーチューバーさんなどとは比較にならない数字ですが、日頃、微力ながらも水越恵子さんを応援したいと思っている私にしてみれば、思いがけず多くの方々にご覧いただけていることに感無量です。来年も引き続きよろしくお願いします。

ジェラシー 再生回数162回


32階のバー 再生回数57回

いこちゃん 今年最後の登場

今日からは3連勤になります。25日からも予約は入っていたのですが、雪がなくスキージャム勝山は人工降雪機のコースだけの営業なので、キャンセルになりました。31、1日もキャンセルが入っています。3日のお客様にもキャンセルをお勧めしています。この時期は雪があるかないかで、お客様も大変です。勿論スキー場も。
しかし中には、雪遊びが少しできればいいから、のんびりしに行きます、と言っていただけるお客様もいらっしゃいますので、ありがたい限りです。

いこちゃんは最近元気がありません。地味に寒いからでしょうか。
昨日は夕方帰宅して、いつものようにソファーに座ると、いこちゃんが隣に来て、撫で撫でを要求しました。右足を上げて、お腹を撫でてくれと要求するのですが、体勢が難しいので、写真を撮るときだけ、手の位置を変えています。
いこちゃん20191227

今朝は、今年最後の写真になるので、しつこく呼びかけて、ようやくちょっとこちらを向いてくれました。
いこちゃん20191228

DR.AMP HiFi

事務所のデスクトップの、ヨーツベや部屋録が大丈夫だったかの簡易チェック用に使っているアンプは、エゴシステム社の「DR.AMP HiFi」 というミニアンプです。
10年程前に中古で入手しましたが、その筐体の小ささに、とても重宝しています。
入力はRCAですが、スピーカー端子は標準プラグの採用なので、自作の必要がありました。
スピーカーはマークオーディオの雑誌付録の5㎝フルレンジを使った、ミニミニゴンです。
当然レンジは限られますが、素直な音質で、アンプとの組み合わせも手頃で、チョベリグー(自爆)なのです。

箱
DR.AMP HiFi

昨日の反省 … 宮沢昭さんの『木曽』

昨日、宮沢昭さんの『木曽』から2曲、部屋録を紹介しましたが、その一つの「飛騨」はブロックされてしまいました。「木曽」はブロックを免れましたが、途中でFOしたのが功を奏したのかもしれません。またまた1曲OKだったのを、全部OKと思い込んでしまいました。反省です。
代わりに、ヨーツベから、「浅間」を紹介しておきますので、よろしかったらお聴きください。個人的思いとしては、『木曽』というアルバムは、楽しめるアルバムと思っていただける方は少ないかと思いますが、その時代にしか作られないアルバムだと思いますし、一度は耳を傾けるべきアルバムかと思います。


4301で聴く…宮沢昭『木曽』

今日の4301で聴くは、宮沢昭さんのアルバム『木曽』70年 から、2曲紹介します。
これにてミニ宮沢祭りの終了です。

コルトレーンが亡くなって、ジャズ界に一層その影響が強くなっていた頃になるでしょうか。同時にフリージャズも市民権を得ていました。
このアルバムでは、宮沢さんもかなり影響を受けている演奏になっています。ドラムが森山威男さんなのですが、山下洋輔トリオで売り出し中ということで、ひょっとすると、録音当日が初顔合わせだったりしたかもしれませんが、噛み合わない面白さがあるような、ないような。

木曽
木曽 (Z00mQ2nによる録音)
https://youtu.be/vzW2ETqzm5o

実際はもっと長い曲ですが、アップロードの都合上、森山さんのソロの途中からFOしています。

飛騨
https://youtu.be/-Y-C61q80Ac
残念ながら、ブロックされました。

宮沢昭、ts
佐藤允彦、p
荒川康男、b
森山威男、ds


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
JBL4301

自宅のオーディオ

今朝は雨が降っており、現在、ヴィラでは冬支度中ですが、作業ができそうにないので、しばらく振りにオーディオに灯を入れました。普段自宅で音楽を聴く時間はほとんどないので、極偶にしか電気を通していません。それで、ラックは使うときだけ引き出すようにしてあります。

パイオニア ネットワークプレーヤー N-50
プリ   ビクター P-L10
パワー 中華管球 6AQ5プッシュプル
スピーカー パークオーディオ DCU-F101W+バスレフ

格納中
使用中
録画してあった、先日のM-1を観ながら、オスカーピーターソン「ナイト・トレイン」



ネットのトラブル

昨夜から、ネットのトラブルが相次ぎました。
昨夜の記事で、ヨーツベに部屋録の動画をアップしたのですが、その動画が行方不明になってしまいました。いろいろ当ってみたら、普段使っていないアドレスにアップしていたことが分かりました。そういえば、アップする際、メールアドレスの確認ページが出ていて、再登録していました。結局別のパソコンを使って、事無きを得ましたが、プチパニックでした。
今朝は昨夜終了した、カレンダーのオクの結果を見ようとしたら、私だけの入札なのに落札の画面になっていません。それどころか、ヤフーメールに何も届いていませんでした。昨夜のトラブルの件もあり、ヤフーの再登録をして、ようやくメールを受け取ることができ、無事取引を開始することができました。
自慢ではありませんが、パソコンは最低限の知識しかなく、トラブルにはなかなか対処できない年寄りなのですから、もう勘弁して、といったところです。

4301で聴く…宮沢昭『山女魚』


今日の4301で聴くは、宮沢昭さんのアルバム『山女魚』62年 から、タイトル曲の「山女魚」です。これは宮沢さんの初リーダー作になります。
録音は、エコー感いっぱいで、50年代の、モノラルからステレオへの転換期の雰囲気に感じ、如何にも的です。Q2nの録音では分からなくなっているかもしれませんが、テナーとベースが左側に、ピアノとドラムスが右側に振り分けられています。

山女魚

山女魚 (Z00mQ2nによる録音)
https://youtu.be/Scc2GFaH3do

宮沢昭、ts
佐藤允彦、p
原田政長、b
原田寛治、ds

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
JBL4301

いこちゃん、テレビを観る

昨夜、偶々眼にしたテレビの画面が気になったのか、いこちゃんがしばらく観ていました。
六平さんの顔が面白かったのかな?
いこちゃん20191217

4301で聴く…宮沢昭『マイ・ピッコロ』カセット

今日の4301で聴くは、宮沢昭さんのアルバム『マイ・ピッコロ』81年 から、2曲です。残念ながら、このCDは持っていないので、ジャズの師匠が送ってくれた、レコードのダビング・カセットの音源です。
タイトルのピッコロとは、私の記憶が確かなら、宮沢さん愛犬の名前だったと思います。

ピッコロ
私が初めて宮沢さんを聴いたのが、このアルバムになると思います。アルバム全体をみれば、コルトレーンの雰囲気を感じさせる曲もありますが、そもそもコルトレーンでも、最初は王道テナーから始まって、それがいろんな人の影響を受けて、最終的に彼らしい演奏スタイルになっただけで、とにかくいろんな人の影響を受けるのが当たり前ですね。

ブルー・レイク (ZoomQ2nによる録音)
https://youtu.be/yIZdz7YqoTc


キング・サーモン
https://youtu.be/tipmzkHfF2g

宮沢昭、ts
佐藤允彦、p
井野信義、b
日野元彦、ds


パイオニアT-D7 (Digital NR-on)
サンスイAU-9500
JBL4301

4301で聴く…宮沢昭『ラウンドミッドナイト』

今日の4301で聴くは、宮沢昭さんのアルバム『ラウンドミッドナイト』85年 から、タイトル曲の「ラウンドミッドナイト」です。
ジャズに名曲なし、名演奏があるのみ、とはよく言われる言葉ですが、それでもやはり、名曲はあると思います。また、「ラウンドミッドナイト」はそのベストテンに入るはずです。私の好きな曲としても上位に入ります。
私は普段はほとんど王道テナーは聴きません。やはりコルトレーン派の人が好みなのです。理由は簡単、ジャズの師匠がコルトレーン好きだったからです。ジャズを長く聴いているうちに、王道テナーも少しは聴くようになりましたが、アルバムとして持っているのは、宮沢昭さんが一番多く(とは言っても3枚だけ)、ミニ特集をしてみようと思います。ということで、この曲になりました。
ラウンド

このアルバムはストリングスが入ったバラード集ですが、アレンジャーの八木正生さんのセンスが光ります。
ラウンドミッドナイト(Z00mQ2nによる録音)
https://youtu.be/Cas5MxDbcsw

宮沢昭、ts
弘勢憲二、p
池田芳夫、b
小津昌彦、ds
八木正生、arr
玉野ストリングス

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
JBL4301 ダクトにスポンジを入れています。アッテネーターは-1の位置。

屋根のトタン板の修繕完了

昨日は8時から作業開始し、11時半くらいまでに足場関係が出来上がりました。実際の修繕作業は30分ほどでした。

ベランダから屋根に向かって
下から組み上げた足場に、ベランダから屋根の上への足場を繋げます。ベランダから
セーフティーネット
今までの修繕では、命綱以外の安全確保策を用意していませんでしたが、今回は自分への信頼性を疑うというか、自分自身に対する評価を厳しくして、安全策としてセーフティーネットを用意しました。結果的に使われなくても、それはそれでグッジョブです。
セーフティーネット
屋根の上の足場
屋根の上の足場
修繕前
修繕
修繕後
釘ではなく、ステンレスのビス留めにしました。また間隔も狭めています。
今回修繕するガルバ板の上の板にも補強をして、今後しばらくは安心です。
完了

完了後、屋根の上の足場やセーフティーネット部分を解体をして、ヴィラに向かい、1時間半ほど作業やメールの対応後自宅に戻り、足場全体を解体して、すべて終了したのが5時でした。
準備に6時間半、作業が30分、解体が2時間ほどでした。怪我なく終わってホッとしました。

昨夜と今朝のいこちゃん

私が自宅に帰ってソファーに座ると、いこちゃんは横に座って、撫で撫でを求めます。そしてそのまま、うたた寝をします。
スマホの自撮りですが、ピントが合っていないようですいこちゃん20191213
今朝は居間の窓から外を眺めていましたが、名前を呼んだらポーズをとってくれました。いこちゃん20191214

屋根のトタン板の修繕

2週間ほど前に、風の強い日があり、夜間に屋根のトタン板(ガルバ)が飛んでしまいました。築20年過ぎ頃から、同様の破損が続いています。釘が錆びて折れたり、抜けたりするのが原因ですが、毎年のように修繕する羽目になりました。下屋はまだ楽ですが、上屋は足場を組まないとできません。本格的な足場を組むと費用がかかるので、単管パイプを使って、自作しています。一昨年の修繕の反省から、より簡単な足場を考えてみました。
屋根2
修理箇所
6mの単管パイプを2本、デッキの手摺りに仮固定
工事①
下段に2mのパイプで第1段目を組む
工事②
手前に2mのパイプを仮に立て、それを支えに6mのパイプを立てる。
工事③
6mのパイプの間に2mのパイプを架ける。
工事④
揺れ止めのパイプを架ける。ここが、前回の工事の反省点①.
工事⑤
本日の工事はここまで。明日は雨の予報なので、次は金曜日の予定。
工事⑥

能勢妙見山トレイルランに行って来ました…その③

能勢妙見山トレイルランに行って来ましたの最終回で、レース中盤からの報告になります。
第1エイドステーションの野間の大けやきから、しばらくだらだらと上って、12キロくらいから急な上りになります。3キロで350mの感じです。終盤は日蓮宗の修験場の建物が次々と現れますが、人出はまばらでした。15キロコースのゴールは妙見山頂上の駐車場でした。ゴールしたら、リフトとケーブルカーで下山します。
しばらくアミノ酸を飲んだりしながら、休憩しました。
IMG_0696.jpg

1キロほど道路を下って、また山道に入ったのですが、道路はバイカー(ロードレーサー)たちが次々と現れて、いわゆる「坂バカ」の格好のコースのようでした。
4キロほど下りが続きましたが、またコケてしまいました。とにかく山道は枯葉が表面を覆っているので、今度は左足が、這っている根っこに引っかかってしまいました。それ程スピードは出ていなかったのが幸いし、手をついて止まりました。腕を伸ばして手をつくと、手首を痛めたり、肩を脱臼することがあるので、肘を曲げて着地します。また「大丈夫です」と周りに告知します。後ろに誰もいなければ、黙っていてもいいのですが、いれば、余計な心配をかけないのがマナーです。
ラスト5キロ辺りの下りから、両足の痙攣が頻繁になり、4キロ手前の上りからは完歩に舵を切りました。100と150の二つの上りを残していましたが、右大腿付け根の痛みも強くなり、無の境地を心掛けて、ゆっくり上り、下りもゆっくり歩きました。最後の下りの終盤の沢に沿ったルートは案内板が途切れていて、時々後を見ながら、誰か後を付いて来て欲しいと祈りながら、500mほど疑心暗鬼で歩きました。順位が後になると、近くにランナーがいなくなり、他力本願が難しくなります。
元気な内は、前のランナーを視界に捕らえるように無理をしますが、元気がなくなると後のランナーに期待するのがトレイルランの面白いところです。トレイルランで一番困るのが、ロスト、いわゆる迷子なのです。海外のグレートレースの番組では、よくロストのシーンが出てきます。
久し振りに案内板を見つけてホッとしましたが、後ろの人のことも気になりました。
ゴール前に係りの人が待っていましたが、歩いている私を見つけて「ゴールでしょうかね」と疑問符付きで尋ねるので、にこっと笑ってお辞儀しました。
ゴールタイムは4時間43分32秒で、想定時間通りでした。経験的に、大体5キロ1時間です。
順位は78位でしたが、分母が分かりません。120名のエントリーなので、80%として100名弱でしょうかね。

感想としては、とにかく寒かったですね。ウールのインナーと薄手のフリース、風除けのヤッケでしたが、体が温まったら脱ぐ予定のヤッケが、中盤の1/3以外は着たままでした。今年は勝山はプーさんの目撃情報が溢れ、11月はランの練習ができなかったのが予定外でしたが、20キロくらいまでは快調だったので、楽しめた感じです。晩秋から初冬に掛けての山道は、落ち葉が多くて、その下に何が潜んでいるかわからないという不安が付き纏いますが、仕事的に6月や12月のレースしか選べないので、仕方がありません。来年もまた新しいレースを探して、楽しみたいと思います。

能勢妙見山トレイルランに行って来ました…その②

昨日に続いて、能勢妙見山トレイルランの報告の第2弾で、レース報告をしたいと思います。
8時前に会場に着き、受付をしたのですが、主催者の告知で、途中の連絡の都合があるとのことで、QRコードの登録をすることになりました。恥ずかしながら、いつまで経ってもスマホの扱いを知らない私なので、娘に電話して、やり方を教わりましたが、実に簡単に読み込みができました。未だにスマホ決済に怯える私ですが、実はそれ程心配しなくても導入できるのかも、と思う次第です(自爆)。
受付会場の吉川自治会館は、あまり大きい施設ではありませんが、レースの規模的には何とか対応できる感じです。ただ、あまりに寒いので、着替えの部屋でスタートまで中に居たいと思ったのですが、後から入ってくる人のために、出ざるを得ず、ちょっと悲しくなった、ひ弱な私です。
8時半からはコースとレース上の注意、スタートセレモニーのために、すぐ傍のスタート地点に移動しました。しばらくすると、巫女さんを乗せた馬が、巫女さんに引かれて通り過ぎましたが、「この先の吉川八幡神社のご神馬さんです。駅で皆さんのお出迎えしていただきました。」と紹介されましたが、駅に着いたときには気付きませんでした。
IMG_0681.jpg

9時スタートで、最初は一気に150mほど上り、一旦下りてまた少し上ります。
そして下りた所に、吉川八幡神社があり、ご神馬さんがいました。多分下の写真の左の山と右の山を縦走したはずです。
ご神馬
IMG_0688.jpg
右の山を下る途中で、最初のコケがありました。走っていて、1m弱の段差を飛び降りたところ、運悪く落ち葉の下に石ころがあり、右足の裏の右端を強く打ってしまいました。反射的に膝を曲げてしまい、そのまま前に倒れましたが、受身を取り、大きな怪我はありませんでした。残念ながら、打った足の裏は痛みがありますが、リタイヤするほどではなく、気の持ちよう、でした。なお、コケたときは、すばやく判断して「大丈夫です」と周りに告知します。
歳をとると、コケルことが多くなります。基本的に、足を持ち上げる筋力が衰えて、思ったほど前足が上がらないために、引っ掛かってコケル、という状況です。コケルことはしょうがないので、いかにうまく受身を取って、怪我を防ぐかという発想が必要ですね。

また100mほど上って下りると、最初のエイドステーションに着きます。
9キロ地点のエイドステーションは、天然記念物、野間の大けやき、です。IMG_0689.jpg
だらだらとした坂を上り、いよいよコースの最高地点まで、450mの上りに入ります。

続く (仕事もしないといけませんので)

少し訂正がありました。

能勢妙見山トレイルランに行って来ました…その①

昨日の土曜日、兵庫県へ、能勢妙見山トレイルランに参加のために行って来ました。
トレイルランの話は明日にして、今日は道中記をアップしたいと思います。

金曜日の夜9時に出て、会場の最寄りのPAで仮眠を取り、朝、電車で会場の駅へ行く、というスケジュールでした。仮眠場所をPAにしたのは、道の駅が近くになかったからです。
当日のナビのチェックで、仮眠予定のPAの「茨木千提寺PA」が出てきません。ググって見ると2017年の営業開始のようでした(愛車のナビの情報は4年前までです、残念)。新名神ができたのも新しいようだったので、一応川西IC周辺や、車を停める能勢電鉄妙見線山下駅周辺の駐車場の地図をプリントアウトし、ナビで駐車場を登録しておきました。

予定通り9時に家を出て、福井北インターについてビックリ。『武生-敦賀工事通行止め』の案内が出ています。しばらく前まで、福井北ICから北の区間のリニューアル工事をしていたのは知っていたのですが、既に終わっていたので、すっかり工事のことは忘れていました。仕方なく武生で下りて、海岸の道を走りましたが、当然トラックを含む車列が続き、信号のストップも多い状況でした。いつもなら、福井北IC-敦賀IC間は50分ほどなのですが、結局50分ほど多く掛かってしまいました。
実は愛車のトリップメーターが、スタート時点で99,976キロで、途中で10万になるイベントの予定だったのですが、アタフタしていて、すっかり忘れてしまいました。

名神から新名神へは、大槻JCTなのですが、合流ゾーンに入ったとき、ドキドキのシーンが起きました。合流ゾーンに入って走行車線を見ると、トラックが2台続いて走っていました。私の感覚では、その状況だと、トラックは追い越し車線に移動するか、前に行くかなのですが、こちらがスピードを上げずに様子を見ていたら、トラックもスピードを上げずに並行して走る状況になってしまいました。合流ゾーンの先が見えてきて、スピードダウンしようかと迷っていたら、トラックがヘッドライトを消したので、グッと加速して、無事合流できました。ターボ様様です。トラックがトスを上げてくれたお蔭でアタックできました。もし日中にその状況で、トラックがパッシングしても、その意味が「入れ、なのか、邪魔!」なのか判断ができなかったと思います。夜でよかったかも、です。

茨木千提寺PAに着いて、予想外に大きいPAだと気付きました。PAというのは、SAに比べたら小さい、車が20台くらい停められる程度のものだという感覚でしたので、仮眠はできるものだという想定でしたが、季節柄80台近い数のトラックは、エンジンをかけたまま暖房して仮眠しているので、低音中心のかなりの騒音でした。おまけに施設を含めて、トラックのライトも点いていて、かなり明るい状況で、これは寝れそうにないと悟りました。スティングレーは苦心して、フラットにして横になれるようにしてありましたが、準備しておいた寝具では、ちょっと足らなくて少し寒く、ひたすらじっとして、体を休めることに努めました。昔からトライアスロンの時には一睡もできないことはあって、慣れていることもあり、開き直っていました。
結局、休憩に寄るトラックも多く、朝まで騒音は続いて、貫徹となりました。

PAで仮眠をとるという策については、事情があります。
家で仮眠を取ってから、3時に家を出て山下駅に向かうという案もありましたが、仮眠できなければ眠くなる時間帯に運転をすることになり、危険度は増すと判断しました。
リーズナブルな宿泊施設の案内もあったのですが、雨が降ったらDNS (Do Not Start) という軟弱な精神なので、最初から案にはなりませんでした。

5時45分に準備を開始し、6時にPAを出て、川西ICに向かいました。川西ICを下りてからは、予想通りナビが道路を表示しないので、標識を頼りに走って、山下駅近くから、ようやくナビ通りに行くことができました。
事前には会場周辺のことは気にしていなかったのですが、山下駅や電車の中の様子から、日蓮宗の施設で有名なのだと分かりました。日曜日開催でなく、土曜日開催の理由は、日曜日には人出が予想されるからだったのですね。

明日はレースの様子をアップしたいと思います。

スキージャム勝山には雪が

まだ冬本番とは行きませんが、スキージャム勝山には雪が少し積もってきています。昨日はゲレンデ部分だけ白くなっていたのですが、今朝は付近の山も白くなっていました。残念ながら、土曜日の午後からは気温が上がるようなので、スキー場のオープンはまだまだのようです。20191206.jpg
左下の銀色のドームは恐竜博物館です。

続 ・ 林イグネル小百合さん

昨日の記事に続いて、今日も林イグネル小百合さんについて、報告したいと思います。
昨日の記事で予告したように、福井新聞の記事を紹介するつもりだったのですが、昨日の夕方の福井の情報番組で彼女を取り上げていましたので、その映像を紹介することに変更しました。


この放送を見ていたら、家内が、私より詳しく知っていたので、驚きました。とは言っても、井戸端会議的内容ですが、記憶力の凄さに驚きました。「隣の○○区で、長男の一つ下だわ。お父さんは○○で、お母さんはピアノの先生だよ。お父さん(私)が小学校のPTAで新聞作っていたとき、一緒だったわよ。」だそうです。
何はともあれ、福井県の音楽家が続々と出てくれるのは、頼もしい限りです。微力ですが、応援したいと思います。

午前0時、キスしに来てよ

今週金曜日、6日に公開される映画「午前0時、キスしに来てよ」について、ちょっと耳より情報です。とは言っても、橋本環奈さんとかではなく、音楽担当の、林イグネル小百合さんの紹介です。と言いつつも、実際の話、まだその音楽に触れたことはありません。今朝の福井新聞に取り上げられていた話ですが、うっかり持って来るのを忘れてしまい、今日は予告編ということになりました。明日、詳しくアップしたいと思います。
なお、このブログで紹介するというからには、何らかの曰くが付くということになりますが、彼女は福井県の出身なのですよ。

林イグネル小百合

826askaさんのYouTube

3月に、『3月27日に826askaさんメジャーデビュー』の記事を書きましたが、私は結局DVD付きのアルバムを購入しています。
826asuka.jpg

自分で映像をヨーツベにアップしようかとも思ったのですが、そんなことをしたらアルバムの売り上げに影響するかな、と思い留まっていました。ここに来て、既にヨーツベにはアップされているので、改めて個人的にプロモーションをしておきたいと思います。

エレクトーンという音楽分野は、お子様の音楽教室的なイメージがあるかもしれませんが、なかなか技術的な面白さも見せてくれます。加えて、乃木坂のメンバーと言っても通用するくらいのかわいさですので、CDだけで聴くのはもったいないと思います。

Departure

MIRACLE SHOT

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR