D-7MkⅡで聴く … 山本剛 『ライフ』

今日のD-7MkⅡで聴くは、山本剛さんのアルバム 『ライフ』76年 から2曲紹介します。
ライフ
山本さんは、記事で使われる写真が若いときのものが多いような気がして、年齢不詳のイメージがあります。48年生まれのようですから、このアルバムは28歳のときのものになります。ちなみに、サム・ジョーンズさんは52歳、ビリー・ヒギンズさんは40歳と、結構世代の違うトリオですね。
山本さんは現在72歳で、鈴木良雄さんとのデュオ・アルバム『Loving Touch』がリリースされ、ヨーツベで拝見すると、いつまでも青年というわけには行かないようですが、なんか安心しました。


On Green Dolphin Street
https://youtu.be/tIc8vZpNkOg


Billysam Blues
https://youtu.be/ou--daIEq28


山本剛、p
サム・ジョーンズ、b
ビリー・ヒギンズ、ds

パイオニアPD-HS7
エクスクルーシヴ C3
サンスイ AU-607MRのパワー部
D-7MkⅡ+FT-66H & FT-90H
スポンサーサイト



タマネギの収穫

今朝、かんた君の散歩をしていたら、隣の地区で、タマネギの収穫をしていました。機械化が進んでいて、5、6人で共同で収穫していました。左の区画は既に終わっていて、真ん中、右の区画と進めるようです。
一応、大したものではありませんが、昔から「五領タマネギ」という、ご当地ブランドになっています。

たまねぎ収穫

家政婦は見たニャン

いこちゃんもかんた君も、あおいちゃんの様子が気になるので、いこかんフィルター(犬猫フィルターを改名)から、よく覗いています。

いこちゃん20200529

D-7MkⅡで聴く … リチャード・デイヴィス 『ザ・ベーシスト 巨匠の真髄』

今日のD-7MkⅡで聴くは、リチャード・デイヴィスさんのアルバム 『ザ・ベーシスト 巨匠の真髄』99年 から3曲です。ピアノのジョン・ヒックスさんとのデュオアルバムになります。
ザ・ベーシスト
ベーシストのアルバムというと、現代音楽的な雰囲気になりがちですが、このアルバムはジョン・ヒックスさんの参加もあり、ジャズに留まっているのが好きです。

エスターテ
https://youtu.be/Mw0hnWJ_xUc


スカイラーク
https://youtu.be/T9y5Z2BZl1w


リフト・エヴリ・ヴォイス・アンド・シング/主の祈り
https://youtu.be/6ATWImf4-oI



コロナ禍による強制自粛のこの暇を持て余している間に、長岡式バックロードのD-7MkⅡの復活を目論んでいました。40年程前に、製作記事を読んで自作しましたが、結婚・子育てというありきたりの理由で、オーディオ氷河期に入り、自宅の農作業小屋に放置していたのを、とりあえず救出したのが10年ちょい前でした。お決まりのコーン紙のシミが出ていたので、オクで綺麗なFE203Σを入手しましたが、エッジが硬くなっていて、記憶にあるような低音は出ませんでした。結局またずっとほぼ放置状態でしたが、オクで軟化剤を入手して、試してみた結果、何とかいい塩梅に柔らかくなりました。何しろ35年ほどは鳴らしていなかったので、まだ復活したとは言えないかと思いますが、部屋録してみました。
なお、何度か共振しておりますが、ご容赦ください。

D7Ⅱ


パイオニアPD-HS7
エクスクルーシヴ C3
サンスイ AU-607MRのパワー部
D-7MkⅡ


麻婆大根

昨夜の夕食のおかずに麻婆大根が出ました。庭の菜園で弟が作っている大根が食べ頃になったので、使い方を試してみるようです。弟の付き合いのあるご老人たちからは、春大根は美味しくないのに、と言われているそうですが、まんざらでもありません。お試しください。

麻婆大根

マイカー・スティングレーの満タンでの最高走行距離

昨日の朝は、うっかりヴィラに来てしまいました。一昨日の帰宅時、後10キロくらいのところで、燃料ランプが灯ったので「明日の朝はスタンドに寄ってから出勤しないと」と思っていたのですが、すっかり忘れてしまいました。
通常、大体500キロ過ぎくらいでランプが灯り、その時点でおよそ23Lの消費になります。また、点灯後60キロくらいは問題なく走れます。
冬以外は大体平均燃費は22.3ぐらいなのですが、ここ暫く燃費がよく、24を超えているので、帰りも、安全のために携行缶を携えて、最高走行距離にトライしました。結果618.0キロを記録しました。給油が25.42Lでしたので、燃費は24.3でした。ただし、街中の走行は僅かで、田舎道ならではの燃費です。ちなみにカタログ燃費は25.0です。

マイカーは、先代ワゴンRスティングレー・ターボ4WD AT ナビ付きフルノーマル(自爆)

スティングレー
ただし、色は黒

P-610DBで聴く … ホリー・コール  『ダーク、ディア・ハート』

今日のP-610DBで聴くは、ホリー・コールさんのアルバム 『ダーク、ディア・ハート』 97年 から2曲紹介します。
ダーク、ディア・ハート
ホリー・コールさんのアルバムは、人数少なめで、ホリーさんの歌をたっぷり聴かせる、というイメージだったのですが、このアルバムはいくつもの楽器が加わり、カラフルになっています。

ダーク、ディア・ハート
https://youtu.be/GjfX40KiV_Q


メイク・イット・ゴー・アウェイ
https://youtu.be/Z1NrW10fclU


パイオニア PD-HS7
ビクター P-L10
サンスイ AU-607MRのパワー部
ダイヤトーン P-610DB リアバスレフ

証拠は挙がっているんだから、ネ!

今朝、食事をしていたら、いこちゃんは堂々とストレス発散をしていました。「いこちゃん!」と声掛けしても、全く気にしません。困ったもんです。

P-610DBで聴く … 秋吉敏子 & ルー・タバキン・ビッグ・バンド 『Tales of a Courtesan 花魁譚』

今日のP-610DBで聴くは、秋吉敏子 & ルー・タバキン・ビッグ・バンドの3rdアルバム  『Tales of a Courtesan 花魁譚』75年 から2曲紹介します。
花魁譚

実は私のジャズの好みは結構偏っていて、ビッグ・バンドはトシコ=タバキンだけです。ベイシーもエリントンのサド・メルも聴きません。何故かといえば、ジャズの師匠が聴いていなかったからです(自爆)。それが、1stアルバムの『弧軍』が、SJ誌のジャズディスク大賞を取ったということで、購入してみて、嵌ってしまいました。
日本調がわざとらしいと、嫌がる人もいるかと思いますが、私は好意的に捉えています。

ストライヴ・フォー・ジャイヴ
https://youtu.be/8t53J1FU-Ic

ソロ:ルーts ⇒ ディック・スペンサーas ⇒ ブリット・ウッドマンtb ⇒ ボビー・シューtp


ヴィレッジ
https://youtu.be/M8xHCwadH8Y

ソロ:ブリット・ウッドマンtb

秋吉敏子、p
ルー・タバキン、ts
ドン・ボールドウィン、b
ピーター・ドナルド、ds
ディック・スペンサー、as
ゲイリー・フォスター、ts
トム・ピーターソン、ts
ビル・パーキンス、bs
ボビー・シュー、tp
スティーヴン・ハッフステッター、tp
マイク・プライス、tp
リチャード・クーパー、tp
チャーリー・ローパー、tb
ブリット・ウッドマン、tb
フィル・ティール、tb
fl、piccolo は全員で持ち替え


パイオニア PD-HS7
ビクター P-L10
サンスイ AU-607MRのパワー部
ダイヤトーン P-610DB リアバスレフ

奇妙な果実

奇妙な果実という、ジャズナンバーとは全く関係のない記事になります。

暫く前、多分母の日のプレゼントを探していたであろう頃に、娘が「ネットで『変な果物』があったよ」と、話していました。そのときは「そうなん」という程度に聞いていましたが、昨日届きました。一応「ちょっと早い父の日のプレゼント」ということです。
冷凍なので、冷蔵庫で解凍し、今朝試食してみました。


ローガン 龍眼

リュウガン (龍眼)
ライチに似た味で、眼を瞑って食べたら分からないかも。ライチの半分くらいの大きさで、皮がつるんとしている。

ウィキ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%B3

ロンブータン

ランブータン
これもライチ系の味ですが、薄味で甘い。小さめの卵くらいの大きさで、毛むくじゃら。
種が大きく、アーモンドのようにも見え、炒って食べてみたくなるのは私だけ?


ウィキ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3

P-610DBで聴く … 佐藤允彦 『トリニティー』

今日のP-610DBで聴くは、佐藤允彦さんのアルバム 『トリニティー』71年 から、ファー・トリップを紹介します (時間の都合でFOしています)。
このアルバムは、フリージャズ的ですが、現代音楽ともいえるし、ECMチックともいえます。要は聴く人の捕らえ方次第といえるでしょうか。

面白いのは、佐藤さんがピアノだけでなく、当時の電子楽器のモジュレーターを使っていることです。この手の音楽が苦手な方も、このモジュレーターの雰囲気を試していただけたらと思います。
トリニティー

ファー・トリップ
https://youtu.be/Jm5maq0C-r0

佐藤允彦、p & modulator
ピーター・ウォーレン、b
ピエール・ファーヴル、ds


パイオニア PD-HS7
ビクター P-L10
サンスイ AU-607MRのパワー部
ダイヤトーン P-610DB リアバスレフ

P-610DB.jpg

今朝のいこちゃん

今朝リビングに降りてみると、いこちゃんは家内の腕の中で眠っていました。家内は、今は娘の補助で、リビングで寝ているのです。最近欲求不満気味のいこちゃんなので、時々、腕の中で寝ることがあるそうです。

いこちゃんはその後、外を歩く近所の白い野良のケンちゃんを見つけて、唸っていました。
ケンちゃんとは、家内が適当につけたあだ名です。

「ここはあたしの縄張りよ!」とでも、言いたいのでしょうか。
いこちゃん20200526

天使の笑顔

完全無欠の爺馬鹿記事ですので、ご了承ください。


あおいちゃんは、というか、ほぼすべての赤ちゃんがそうなのでしょうが、寝ながら笑顔になることがあります。まだ目は見えないので夢も見ることはないと思いますが、笑顔に癒されます。
あおいちゃん20200524

ELAC310.2で聴く … ビリー・ハーパー 『イフ・アワ・ハーツ・クッド・オンリー・シー』

今日のELAC310.2で聴くは、ビリー・ハーパーさんのアルバム 『イフ・アワ・ハーツ・クッド・オンリー・シー』 97年 から、2曲紹介します。
イフ・アワ・ハーツ
ポスト・コルトレーンとか、コルトレーン派とか、ほとんどといっていいくらいの(多分)テナー奏者が、コルトレーンの音楽に影響を受けたように思われましたが、演奏スタイルの影響だけの人も多かった中、その精神性までも受け継ごうとしたのが、ビリー・ハーバーさんだったといわれています。
私がビリー・ハーバーさんを好きになったのは、『ラヴ・オン・ザ・スーダン』77年 が発売されたとき、SJ誌で大々的に広告を打ったのに乗せられて、聴いたこともない人のレコードを買ってしまったからですが、彼の音楽に出会えたのは、運を天に任せたお蔭と思っています。

ザ・セヴンス・デイ
https://youtu.be/fiKVbGLPqKw


タイム・アンド・タイム・アゲイン
https://youtu.be/GhR7x8WDHjs


ビリー・ハーパー、ts
エディ・ヘンダーソン、tp
フランチェスカ・タンクスリー、p
クラレンス・シー、b
ニューマン・ベイカー、ds

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
ELAC310.2

ELAC310.2で聴く … ハービー・ハンコック 『ア・トリビュート・トウ・マイルス』

今日のELAC310.2で聴くは、ハービー・ハンコックさんのアルバム 『ア・トリビュート・トゥ・マイルス』 92年 から、2曲紹介します。
ア・トリビュート・トゥ・マイルス

前年の91年に亡くなった、マイルス・ディヴィスへのトリビュート・アルバムですが、今となっては、トニー・ウィリアムス、そして新型コロナウイルス肺炎で亡くなった、ウォレス・ルーニーへのトリビュートになってしまいました。

ソー・ホワット
https://youtu.be/5kx15ungKLo


エイティ・ワン
https://youtu.be/ZC5qmJ-DV1o


ハービー・ハンコック、p
ウェイン・ショーター、sax
ウォレス・ルーニー、tp
ロン・カーター、b
トニー・ウィリアムス、ds

事務所の小型フルレンジでは、この熱い演奏を再現できるのはなく、JBL4301とELAC310.2だけになります。ELAC310.2の高域寄りの音は、多分刺激が強すぎると思う人が多いでしょうが、慣れると長く聴いていても疲れない、という特長が、こういうアルバムには最適です。

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
ELAC310.2

ELAC310.2で聴く … ロン・カーター 『サード・プレーン』

今日のELAC310.2で聴くは、ロン・カーターさんのアルバム 『サード・プレーン』 77年 から、タイトル曲を紹介します。
サード・プレーン
私の持っているこのジャケ写は、再発のときのものです。

77年は、この前後数年に渡り、VSOPとしての活動が盛んであり、この3人としても、かなり忙しい時期だったと思います。このアルバムと、ハービーがリーダーの「ハービー・ハンコック・トリオ」は、2枚分を8時間で収録したという話です。
実は他にも2曲アップしたのですが、この曲だけが生き残りました。ビクターさんなのですがね。残念。

サード・プレーン
https://youtu.be/wXxfH8XGssU

ハービー・ハンコック、p
ロン・カーター、b
トニー・ウイリアムス、ds

パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
ELAC310.2

DSC00754.jpg

ショートケーキを送ったから

一昨日、次男から長女に電話があり、「ショートケーキを送ったから、明日届くと思う」と、言われたということでした。出産祝いで、福井のケーキ屋さんに配達を頼んだのかな、とか、お取り寄せで注文したのかな、とか話していました。
結果、届いたのは消毒液でした。消毒液とショートケーキを聞き間違えたというオチでした。
そういえば、数週間前、次男が「仕事先で、次亜塩素酸水を分けてもらえるようになったから」と言っていたのですが、すっかり忘れていました。

昨夜のいこちゃんパンチ

最近のいこちゃんの好みの居場所は、リビングの椅子です。先日まではここにはソファーが置いてあったのですが、諸事情で移動し、期間限定で椅子を置きました。
かんた君があおいチャンの声が気になり、犬猫フィルターから様子を窺うのですが、無駄な動きが多いと、いこちゃんは気になって、猫パンチを狙います。


https://youtu.be/zv9iiDK4ugU


ただし、この椅子は本日の午後に撤去になり、新しいソファーに替わります。いこちゃんの見張り台はどこになるのでしょう。

604Eで聴く … リー・リトナー&ジェントル・ソウツ 『シュガーローフ・エクスプレス』 レコード

今日の604Eで聴くは、リー・リトナー&ジェントル・ソウツのダイレクトカッティング・レコード『シュガーローフ・エクスプレス』77年 から2曲です。
シュガーローフ・エクスプレス

77年に最初のダイレクト・カッティング・レコード『ジェントル・ソウツ』が発売されたのですが、3,000円というのは、当時の貧乏学生にやはりハードルが高く、断念していました(買うレコードは1,500円とかの再発盤ばかりでした)。それが何故このレコードは買ったのかというと、大好きなエリック・ゲイルさんが参加しているからでした。CTIレコードが大好きだったので、いろんなアルバムで彼の演奏が聴け、唯一無二のスタイルに嵌っていました。
ライナーによると、メンバーはエリック・ゲイルと初対面で、馴染むには時間が掛かったということですが、風貌からも想像できるように、エリック・ゲイルさんはとても内向的だったようです。


シュガーローフ・エクスプレス
https://youtu.be/ylMsTBifVEQ


レディー・ソウル
https://youtu.be/i8c02fi_hFM


リー・リトナー、
パトリース・ラッシェン、
エイブラム・ラボリエル、
ハーベイ・メイスン、
スティーブ・フォアマン、
ゲスト:エリック・ゲイル、

パイオニア PL-5L
デンオン DL-103S
ビクター P-L10
ガレージメーカー プロトタイプ チャンネルディバイダー
ウーハー用 マニア作 300Bシングル
ツイーター用 マニア作 6GA4シングル
アルテック604E 後面開放箱

604Eで聴く … マイルストーン・ジャズスターズ  『イン・コンサート』 レコード

今日の604Eで聴くは、マイルストーン・ジャズスターズのレコード 『イン・コンサート』78年 から2曲です。
マッコイ・タイナー、ソニー・ロリンズ、ロン・カーター、アル・フォスターのカルテットですが、一見すると、76年のハービー・ハンコックのVSOPのコンサートの成功、更にその後のVSOPのツアーの大成功の、二匹目の柳の下のドジョウを狙った企画のように見えるのですが、ライナーによると、「ジョージ・ウエインのプロデュースで、78年、当時の大統領ジミー・カーター主催のホワイトハウスでのコンサートで、ロリンズ、タイナー、カーター、マックス・ローチ、他の共演が成功し、オリン・キープニュースが再結成コンサートを企画した」とのことのようです。

ジャズスターズ

カッティング・エッジ
https://youtu.be/6HibZCH9Y8Q


ヌビア
https://youtu.be/WyVQtSLv3b8

ソニー・ロリンズ、ts ss
マッコイ・タイナー、p
ロン・カーター、b
アル・フォスター、ds

パイオニア PL-5L
デンオン DL-103S
ビクター P-L10
ガレージメーカー プロトタイプ チャンネルディバイダー
ウーハー用 マニア作 300Bシングル
ツイーター用 マニア作 6GA4シングル
アルテック604E 後面開放箱



おまけ 今朝のあおいちゃん  (単なるじじバカ)
あおい20200519

604Eで聴く … グラント・グリーン  『マタドール』 レコード

今日の604Eで聴くは、グラント・グリーンさんのアルバム 『マタドール』64年 から2曲です。
マタドール

現在倉庫のオーディオシステムには、プリアンプにはビクター P-L10を当てていますが、エクスクルーシヴC3との大きな違いは、MCヘッドアンプを内蔵しているということです。
実は私、デンオン(敢えての)DL-103Sを持っています。が、ほとんど使ったことがありません。
10年ちょっと前、パイオニアのプレーヤーPL-30LⅡを-落札したのですが、出品者が内緒で付けてくれたものです。デンオンの音については先入観はなかったのですが、中低域のおっとり豊かな音色に魅了され、オーディオ観が修正されました。しかし、勿体無くて、かつ針交換(正確には全交換)代が高いという問題から、ほとんど使っていませんでした。そこで、これを機会にもう一度使ってみることにしました。

103S.jpg

『マタドール』に戻りますが、このアルバムを購入したのは、マイ・フェイヴァリット・シングズが聴きたいという理由でした。ジャズを聴き始めて、訳もなく名前も知らないプレーヤーに手を出していたのではなく、気に入ったアルバムの、気に入った奏者や、好きな曲を頼りに触手を伸ばしていました。『マタドール』は、そういう一枚です。

マイ・フェイヴァリット・シングズ
https://youtu.be/bbXQt617FJQ


ベドゥイン
https://youtu.be/fDcICEAy6VU


グラント・グリーン、g
マッコイ・タイナー、p
ボブ・クランショウ、b
エルヴィン・ジョーンズ、ds



パイオニア PL-5L
デンオン DL-103S
ビクター P-L10
ガレージメーカー プロトタイプ チャンネルディバイダー
ウーハー用 マニア作 300Bシングル
ツイーター用 マニア作 6GA4シングル
アルテック604E 後面開放箱

いこちゃんのストレス

かんた君が家に来てから、いこちゃんはストレスが溜まっています。かんた君の存在は、大分慣れて、かんた君がおとなしくしている分には、それ程問題はなさそうです。しかし、かんた君が動き回るとイライラして、猫パンチを狙います。ただ、以前のように尻尾が倍くらいに膨らむほど興奮することはなく、冷静に狙う感じです。
そして、もう一つ問題があり、いこちゃんとねこじゃらしで遊ぼうとすると、かんた君がいこちゃん以上に遊びたがり、ついついおろそかになっています。そのため、相当ストレスが溜まってきているようなのです。
そしてここ数日、いこちゃんのストレス発散方法に困っています。キッチン・ダイニングにはクッションマットを敷き詰めましたが、その端に嵌める部品を、引っかいて剥がして噛むという発散方法です。

いこちゃんのストレス20200517
原因が分かっているだけに、早く解決方法を探さなくてはいけません。


あおいちゃんが部屋で寝ている間、部屋とリビングの間には、声が聴こえるように、襖に犬猫フィルターを取り付けてあります。いこちゃんもかんた君も、しょっちゅうそこからあおいちゃんの様子を窺っています。
いこちゃん20200518

かんた20200517


PE101Aで聴く … 懐かしのフォークソング その2

今日もPE101Aで聴くは、番外編として、 懐かしのフォークソングを2曲取り上げます。
高校時代文科系の部活でしたが、2年先輩に音大を目指す人がいて、文化祭でフォーク集会をやったので、動員されました。そのためすっかり嵌った時代でした。


白い鳥にのって  はしだのりひこ と シューベルツ
70年3月リリースですが、この前後数年はいくつものグループを作っていますね。
https://youtu.be/Sq12IjUAKSc




赤い鳥
翼をください  赤い鳥
この曲は、山上路夫作詞・村井邦彦作曲という、フォークソングというには異色な感じです。
赤い鳥はその後分裂しますが、ずっと山本潤子さんのファンです。
https://youtu.be/7AheYN4nRa4



パイオニア PD-HS7
ビクター P-L10
サンスイ AU-607MRのパワー部
パイオニア PE-101A


オマケで、ヨーツベより山本潤子さんの「冷たい雨」をどうぞ

山代温泉から届いた凄い旅館の記事

ネットニュースで、驚きの記事が目に入りました。
『完全に喧嘩売ってる... 石川の旅館が用意した「自粛警察お疲れ様プラン」が話題に』
https://article.yahoo.co.jp/detail/f43ad1daeb5fe9f8721ae84c90530c440d695a8a

山代温泉の「森の栖(すみか)リゾート&スパ」という旅館の発案したプランです。
スカッとするキャッチコピーが凄いのですが、実際のプランの中身が温かくて、更に凄い!


超零細のヴィラにはできないのが悔しい(自爆)。

PE101Aで聴く … 懐かしのフォークソング その1

今日のPE101Aで聴くは、番外編として、 懐かしのフォークソングを2曲取り上げてみます。
パイオニア PE101Aの持ち味は、輪郭のしっかりした音、というのか、モニター調の音にあるかと思います。下も上も十分に伸びているわけではありませんが、比較的小音量でも、しっかりした音像が楽しめます。
もう一つ、今日の記事では取り組んでみたことがありまして、先日の記事で、今年に入って、中域で耳につく部分があると書いていますが、原因がはっきりしません。一つの不安として、パイオニアのプリアンプC3が寄る年波に勝てずに、劣化が表れてきたのではないか、というものがあります。そこで、自宅からビクターのプリアンプP-L10を持って来て、取り替えて様子をみてみようという実験をしてみました。
P-L10.jpg

課題は中域ですので、リファレンスとしている水越恵子さんの曲で試してみたのですが、ほとんど違いはなく(分からず)、プリの問題ではないようでした。そこでお終いにしてもよかったのですが、ついでなので、『青春歌年鑑』シリーズから、「花嫁」と「戦争を知らない子供たち」をピックアップしてみました。


「花嫁」 はしだのりひことクライマックス
71年1月のリリースのようですが、中3の冬、昼休みに放送部へ遊びに行っていて、放送室の中で、ラジオから流れたのを初めて聴いて嵌りました。当時はまだラジカセなど持っておらず、家でもその後偶にラジオで聴く機会があっただけですが、後のフォークソング好きのきっかけになった曲です。
https://youtu.be/uuqQnwzCBts



「戦争を知らない子供たち」 ジローズ
70年のリリースのようですが、71年高1のとき、恒例の全クラス対抗合唱コンクールがあり、うちのクラスは話し合いでこの曲に決まって、初めて知りました。後に知ったことですが、70年というと、安保反対の新宿西口フォーク集会の余韻の残る時代で、この曲はその時代を映しているものだと思いますが、田舎の更に田舎の私には、全く知りえない世界でした。しかし、否応なしに、反戦系フォークに晒された世代です。
https://youtu.be/CqDde-pk-d0


パイオニア PD-HS7
ビクター P-L10
サンスイ AU-607MRのパワー部
パイオニア PE-101A


― オーディオの足跡より ―
ビクター P-L10 https://audio-heritage.jp/VICTOR/amp/p-l10.html


事業の準備・開業をする中、オーディオ復活を目指していた時代に、本命だったC3より先に、美しさに憧れていたP-L10が、思いのほか安く落札できました。しかし結局他の機材が揃わなかったので、ヴィラで使うことはなく、初めて持ち込んだことになります。C3と聴き比べても違いは分からないのですが、僅かにペールが掛かっている感じがあります。しかし単に使っていないから、とも言えます。

あおいちゃん退院

今日お昼前、あおいちゃんが退院してきました。ご主人が向かえに行って、退院してきました。
まだ生後5日目なので、あまり泣くことはなく、ほとんど眠っています。我が子の生まれたばかりの頃の顔は、忘れてしまったのですが、多分3人の子達より、整った顔のように思います(既にじじ馬鹿か?)。
あおい20200515

いこちゃんは「あら、また新しいのが入ったの」くらいの感想のようですが、かんた君は「何々、新人?見せて、見せて!」てなもんで、飛び回っています。
娘が入院前に注文してあった、かんた君の服が届きまして、おもった通り、かんた君はされるがままでしたが、似合っています。

かんた君20200514

特別定額給付金申請書が届きました

昨日、特別定額給付金申請書(新型コロナ感染拡大防止支援)が届きました。報道でも取り上げられていますが、マイナンバーを持っている人は、オンラインで申請してくださいと言われているのに、受付現場は混乱しているそうです。
今朝のテレビで、高市総務省大臣が、「郵送での申請の方が実際の手続き作業が楽なようです」と、ぶっちゃけたということでした。

そもそも今の日本は、中国のように、1つの数字にすべての個人情報が繋げられているわけではなく、マイナンバーは「社会福祉」「税」「災害時対応」の3つだけに、利用できるシステムだということです。今回のコロナ禍は対象外のため、マイナンバーは本人確認のためだけに利用されるそうです。郵送での申請の場合、その申請書を目視で確認するだけなのに対し、オンラインの場合、住民基本台帳をモニターで見ながら、申請ページを確認しなくてはならないようです。(運転中の耳かじりのため、情報不足はあると思いますので、ご容赦を)
私は、郵送での申請にします。コロナ禍の最前線で戦う医療関係者の方々には感謝し切れませんが、裏で支える事務方にも感謝すると共に、できるだけ負担は減らしてあげたい気持ちです。

午前中は断舎利に

今朝は家内と二人して、断舎利をして来ました。数年前から、時々「何とかしないといけないね」と家内から言われていたことですが、ついに重い腰を上げて決行しました。
娘の里帰り出産が無事済んで、暫く家での生活に入るに当たり、該当の部屋とリビングの押入れを整理しました。我が家は昔、田植えの時期には、毎年数人の五月女(そとめ)さんと呼ばれる、女性の田植えの助っ人衆が2、3日泊まっていました。そのため布団が大量にあったわけです。しかし、40数年前には田植え機も普及し始めたので、その五月女さんたちが泊まることもなくなり、布団は無用の長物になりました。23年前に建て替えをした際に、ある程度処分したのですが、母が洗濯に出して、圧縮袋に入れて、かなりの枚数を残していました。他にも古くなった毛布や、使わない座布団も多く、昨日夕方から、2部屋の押入れから中身を全部出して、捨てるを前提に選択し、90%くらいを玄関ホールに積みました。
今朝は軽自動車2台で、2往復、清掃センターに運びました。布団や毛布は粗大ゴミになりますが、座布団は可燃ごみになるようです。可燃ごみは55円/10kg、粗大ゴミは110円/10kgなのですが、受付では一括で粗大ゴミとして申告し、中で一部可燃ごみの場所に下ろしました。

合計280kgで3,080円でした。ガソリン代を入れて、総費用4,000円というところですね。
清掃センターへの持込みに当たっては、少し調べてみました。布団屋さんで無料で引き取ってもらえないか、問い合わせると「一枚400円かかります」と言われましたし、リサイクルショップでは引き取ってもらえません。今回の断舎利では、布団屋さんでは、布団だけでも6,000円くらいかかるはずですから、暇人としては、有意義な暇つぶしとなりました(自爆)。


おまけ
清掃センターへの道の途中に、太陽光発電所がありましたが、なんと田んぼの上に作られていました。

太陽光発電
推定5アールほどの田んぼでした。更地に作るよりは費用も掛かりそうですが、いろんなことを考えてそのように作っているのでしょうね。いやはや、逞しいですね。

PE101Aで聴く … 本田竹曠 『EASE』

今日のPE101Aで聴くは、本田竹曠さんのアルバム 『EASE』92年 から2曲紹介します。
正確なことを書けば、本田さんのアルバムではなく、本田さんをリーダーとするEASEというグループの、ファーストアルバムということになります。なお、EASEとは、Earthian All Star Ensemble の略です。
テナーが二人で、トランペットでなくトロンボーンという、異色のグループということもあり、本田さんのピアノがたっぷり聴くことはできないのが、若干物足らないのは致し方ないところです。

EASE

EASE
https://youtu.be/6XO9eAth1hk

CHA-CHA-CHA
https://youtu.be/uKhFexYNaB0

本田竹曠、p
峰厚介、ts ss
植松孝夫、ts
向井滋春、tb
岡田勉、b
村上寛、ds

テナーのソロの順番は、明記されていないので分からないのですが、多分2曲とも 峰さん→植松さんではないでしょうか。

パイオニアPD-HS7
エクスクルーシヴC3
サンスイAU-607MRのパワー部
パイオニアPE-101A

PE-101A.jpg

今朝のいこちゃんパンチ

https://youtu.be/GJFuCvA_X9M

かんた君は朝ごはんの後、散歩するのですが、暫くは動きが多くなります。
いこちゃんはビーズクッションで寛いでいましたが、かんた君の動きが気に入らないのです。

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR