あおいちゃんの掴まり立ち

8ヶ月を過ぎてから、あおいちゃんは掴まり立ちができるようになり、今は何にでも掴まって、立ち上がって、お目当てのアイテムを手に入れようとします。立ち上がりもスムースですが、座るのも安定しています。
今は、ソファーの上に大好きなリモコンを置いて、脚力を付けるトレーニングとしているようです。


スポンサーサイト



4301で聴く … 高橋知己 『アナザー・ソイル』

今日の4301で聴くは、高橋知己さんの2ndアルバム 『アナザー・ソイル』80年 から、3曲紹介します。これもレコードをCD化した音源になります。
アナザー・ソイル
このアルバムは、エルヴィン・ジョーンズさんをゲストに迎えたアルバムです。コルトレーン派の高橋さんですから、どんなにうれしいレコーディングだったか、想像を超えるものがあったでしょうね。

All Green
https://youtu.be/pl3Q5FIHylE


Zubroka Freak
https://youtu.be/iXZIWVS4Zqc


Another Soil
https://youtu.be/7CDNjAZRMxo


高橋知己、ts ss
大口純一郎、
川端民生、b
望月英明、b
エルヴィン・ジョーンズ、ds
杉本喜代志、g
向井滋春、tb

二人のベーシストがどの曲に参加しているのか、ジャケットやライナーには明記されておらず、ネット検索でも不明です。雰囲気的には、「All Green」は川端さんで、他の2曲は望月さんかなと推察しますが、確率は50%(自爆)。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

パイオニア PD-70
サンスイ AU-9500
JBL4301

4301で聴く … 高橋知己 『トモキ』

今日の4301で聴くは、高橋知己さんの1stアルバム 『 トモキ 』79年 から、2曲を紹介します。レコードをCD化した音源になります。
高橋さんはコルトレーン派の有望株として売れていましたが、意外にもこのアルバムはリラックスした仕上がりです。

トモキ

ライナーによると、高校時代はグリークラブに所属していて、当時の部長がピアノの元岡さんだったそうです。初めてテナーを持ったのは大学に入ってからということで、なかなかいない遅いスタートでした。

Trial Road
https://youtu.be/JR1KMBASmhM


高橋知己、ts ss
元岡一英、p
大越治夫、b
古澤良治郎、ds
渡辺香津美、g


Polar Star
https://youtu.be/FoqHrkvcjEc


高橋知己、ts ss
元岡一英、p
川端民生、b
古澤良治郎、ds
大谷尚弥、三田晴夫、当間英二、perc


残念ながら、このアルバムのCDはまだ入手できていません。この部屋録は、20年ちょい前、レコードからCD化したものです。まだwin98、PenⅢの頃で、カセットやレコードから、200枚ほどのCD化を行いました。

パイオニア PD-70
サンスイ AU-9500
JBL4301

4301で聴く…明田川荘之ユニット 『三階節』

今日の4301で聴くは、明田川荘之ユニット 『三階節』95年 から、「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」を紹介します。昨日紹介した、小田切さんのアルバムがアケタズ・ディスクだったから、という繋がりです。
三階節
明田川荘之さんというピアニストは、なかなか表舞台で聴くことはなく、ジャズ歴が長い方でも聴いたことがない方が多いと思います。珍しい物好きの私はこのアルバムを買ってみましたが、普通の人は買わないでしょうね(個人的偏見?)。このアルバムの本人さんによるライナーをご覧いただくとわかりますが、ユニークな才能の持ち主であり、とても意欲的な人だとうかがえます。
明田川ライナー

If I Were A Bell 
https://youtu.be/Vt6Nx0eKF3E


明田川荘之、p
松風鉱一、as (ゲスト)
伊藤 啓太、b


パイオニア PD-70
サンスイ AU-9500
JBL4301
昨年夏に発覚した4301の片chのツイーターのボイスコイルの断線ですが、交換用LE25-2を入手すべく、長い間オクを徘徊していていましたが、今年に入りようやく落札できました。しかし好事魔多しというか、1月8日からの大雪で、除雪が進まず、発送を遅らせてもらったりしましたが、運送屋さんの荷物の滞り多数という事情で焦らされ、ようやく届いて交換できました。というわけで、この部屋録が修理完了の報告を兼ねております。

いこちゃんテレビを観る 『I Loveみんなのどうぶつ園』

いこちゃんは昨日放送の、『I Loveみんなのどうぶつ園』の、サンシャイン池崎さんが、保護猫たちを人間に慣れさせるために預かっているドキュメンタリーを、じっくり観ていました。
いこちゃん20210123
普段はほとんどテレビを観ることはないのですが、昨夜はテレビの前に鎮座して観ていました。CMになると、その場を離れるのですが、再開されるとまた前に座ります。

ELAC310.2で聴く … 小田切一巳  『突撃神風特攻隊』

今日のELAC310.2で聴くは、小田切一巳さんのアルバム 『突撃神風特攻隊』76年 から2曲紹介します。
小田切一巳  『突撃神風特攻隊』

小田切一巳さんについては、森山威男のアルバム『ハッシャバイ』での演奏だけでしか聴けない状況でしたが、アケタズ・ディスクでリーダーアルバムが復刻されたということで、年末に購入しました。当然私は詳しいことは知りませんので、以下にアマゾンからコピペしておきます。
~自らミュージシャンとして活躍、東京西荻窪にてライヴハウスとレコードレーベルを運営する明田川荘之率いる東京の名門インディペンデント・ジャズ・レーベル、アケタズ・ディスクの初期23作品が復刻。
第一弾としてリリースされる12作品中11作品が世界初CD化、手書きのジャケットやハンドメイドの帯などDIY精神溢れるこれらのカタログは近年世界中から注目の集まるJ-JAZZ作品の中でも幻の作品を数多く含む至高のカタログとなっている。
完全限定生産、2019年最新デジタル・リマスタリング、新規解説、当時のライナーのミニチュア復刻も封入

森山威男、古沢良治郎、植松孝夫などのグループで活動したテナー/ソプラノ・サックス奏者、小田切一巳。本作は、1980年にわずか31歳で他界した小田切が残した唯一のリーダー・アルバムである。「神経質」「感受性が鋭い」「正真正銘の芸術家」と評されるその人物像。凄まじいスピード感と鋭角なトーンを持って放たれるフレーズは、聴く者をえぐり、圧倒する。各方面から熱い支持を得る幻の作品がついにCD化となる。
オリジナル発売年1976年 メンバー 小田切一巳(ss、ts)山崎弘一(b)亀山賢一(ds)録音日: 1976年8月1~15日 アケタ録音

INTREPID FOX Take2
https://youtu.be/5tqqXVL4Ka0


WHEN SUNNY GETS BLUE
https://youtu.be/i3dHKWMXh8M


小田切一巳、sax
山崎弘一、b
亀山賢一、ds


私は40年近く前、一度だけ『アケタの店』に行ったことがあります。家内の東京出張に合わせて、わたしは夏休みを入れて、デートをしました。ただ、誰のライヴだったのかは記憶がなく、とにかく冷房が効き過ぎていて、休憩の間は外に出て、温まったことだけが思い出です。

パイオニア PD-70
サンスイ AU-9500
ELAC 310.2
ELAC.jpg


MG850で聴く … 富樫雅彦  『ウェイヴⅢ』


今日のMG850で聴くは、富樫雅彦さんのアルバム 『ウェイヴⅢ』87年 から2曲紹介します。3作目はウェイヴ・トリオの佐藤允彦さんがリーダーとなったアルバム、ということになります。
waveⅢ

前2作とは異なり、佐藤さんの意欲が前面に現れた、フリージャズには収まらないアルバムになっていますが、特に2曲目のオーケストラとのコラボは、聴き応えがあります。ただし、例によって長尺曲ですので、FOしています。

WINDWARD
https://youtu.be/MxSsiL0k_Sg


CONCERTO FOR THE WAVEⅢ & ORCHESTRA
https://youtu.be/eW6lPJpvzUo


佐藤允彦、p
富樫雅彦、perc
ゲイリー・ピーコック、b
大友直人指揮 新日本フィルハーモニー


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
フォステクスMG850

MG850で聴く … 富樫雅彦  『ウェイヴⅡ』

今日のMG850で聴くは、富樫雅彦さんのアルバム 『ウェイヴⅡ』87年 から2曲紹介します。正確にはウェイヴ・トリオのゲイリー・ピーコックさんがリーダーとなったアルバム、ということになります。
waveⅡ

富樫さんは一度だけ、生演奏を聴きました。福井駅前に昔あった、『パブロ』というジャズ喫茶で、林栄一さんとのデュオ・ライヴがあって、聴きに行きました。フリー・ジャズはそれまでに全く聴いたことがなかったわけではないのですが、聴くことに努めるのではなく、その空間に浮かぶという感覚になれれば、何とか過ごせるものです(個人的感想)。

NO NOH
https://youtu.be/YcxEPbkz8dU


FUTURE THIS
https://youtu.be/ZFdjnQJ5k_s


ゲイリー・ピーコック、b
富樫雅彦、perc
佐藤允彦、p


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
フォステクスMG850

MG850で聴く … 富樫雅彦  『ウェイヴ』

今日のMG850で聴くは、富樫雅彦さんのアルバム 『ウェイヴ』86年 から2曲紹介します。なお、この後、2作め、3作めと続けて紹介します。
wave.jpg

最初にお断りしておきますが、このシリーズは基本的にはフリージャズのカテゴリーに入ると思います。富樫さんのフリーというのは、山下さんのフリーとは違い、音の繫がりを断ち切ることではなく、自由に音を繋ぐフリーだと、全くの独断と偏見で思っています(大自爆)。
基本的に私はフリージャズは苦手なのですが、富樫さんの音楽は、『スピリチュアル・ネイチャー』が聴けるようになったことで、何となく受け入れられるのが不思議です。

なお、この『ウェイヴ』は3作が同じメンバーでありますが(正確にはこのトリオでウェイヴ)、1作目は富樫さん、2作目はゲイリー・ピーコックさん、3作目は佐藤允彦さんがリーダーシップを取っているということです。

BREEZE
https://youtu.be/yFCSfdzgjJc


FEELING SUMMER
https://youtu.be/eWZs_d0CFvo


富樫雅彦、perc
佐藤允彦、p
ゲイリー・ピーコック、b


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
フォステクスMG850


土曜日から除雪機の調子が悪く、雪を飛ばす部分の駆動ベルトが滑っているようです。購入して10年ほど経ちますが、メンテナンスを怠っているので、いろいろ部品の劣化が表れてきているようです。日、月とお世話になっている農機具屋さんが休みで、昨日は母の月一の通院で私が不在のところを、修理に来てもらいました。今朝から馬力100%で除雪作業が捗っています。しかし現在氷点下2.7℃で、靴下2枚重ねでも爪先が冷たく、時々暖めながら取り組んでいます。

昨夜のいこちゃん

昨日帰宅して、ソファーに座ったら、それが当たり前のように、いこちゃんは膝に乗ってきました。
いこちゃん20210119①

夕食後はいつものように、撫で撫でタイム
いこちゃん20210119②

今朝のいこちゃん

いこちゃんは、基本的にはあまり膝の上に乗ってきません。しかし、最近よく乗って来るようになりました。窓から外を見ても相変わらずの雪景色で、野良猫も通らず、変わり映えしないので、退屈しているのでしょうが、歳をとってきて、温もりが恋しくなっているのでしょうか。
いこちゃん20210118


土曜日の帰宅時の景色です。遠くに見えるのは、石川県との県境の山です。
雪景色20210116

P-610DBで聴く … ウィントン・ケリー 『ケリー・ブルー』

今日のP-610DBで聴くは、ウィントン・ケリーさんのアルバム 『ケリー・ブルー』59年 から、3曲紹介します。(これも昨年録音しておいたものです)
ケリー・ブルー
私はほとんどウィントンさんのことを知りません。ソニー・クラークさんよりも知りません。ウエス・モンゴメリーさんのアルバムで聴いたくらいでしょうか。昔のマイルスさんをほとんど聴いていない、ということも一因かもしれませんね。いわゆるお勉強として入手したものですが、結構気に入っています。
なお、トリオで2曲、最後はセクステットになります。


Softly As In The Morning Sunrise
https://youtu.be/Xuw6QcyJqtQ


Willow Weep For Me
https://youtu.be/LGTEaUGClGc


Kelly Blue
https://youtu.be/fmlztOQpHM0


ウィントン・ケリー、p
ポール・チェンバース、b
ジミー・コブ、ds

ナット・アダレイ、cor
ベニー・ゴルソン、ts
ボビー・ジャスパー、fl


パイオニア PD-70
サンスイ AU9500
ダイアトーン P-610DB+リアバスレフ

SX-WD5で聴く … スタンリー・クラーク  『スタンダーズ』その2

今日のSX-WD5で聴くは、昨日に続いて、スタンリー・クラークさんのアルバム  『スタンダーズ』 06年 から、もう2曲紹介します。
私がスタンさんを初めて聴いたのは、やはり『リターン・トゥ・フォーエヴァー』でした。とは言っても、私がジャズを聴き始めたのは75年頃ですので、既にヒットから3年くらいは経過していました。師匠のレコードの中から摘んだ1枚でしたが、最初からとても惹かれました。特にアコースティックベースの響きが魅力でした。
その後、エレキベースのアレンピックを弾くようになってからは、その音があまり好みではなく、アルバムの中では選択的に聴くようになっていきました。

スタンダーズ

Manteca
https://youtu.be/V0heszjalFU


Perdido
https://youtu.be/lj17tubJZbY


スタンリー・クラーク、b
パトリース・ラッシェン、p
レオン・チャンスラー、ds


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
ビクターSX-WD5KT+ウッドコーンウーハー+パイオニア リボンツイーター


SX-WD5で聴く … スタンリー・クラーク  『スタンダーズ』

今日のSX-WD5で聴くは、スタンリー・クラークさんのアルバム  『スタンダーズ』 06年 から2曲紹介します(これは昨年の内に部屋録してあったものです)。
最初に失敗談から。実はこのアルバムは以前、『ジャズ・ストレイト・アップ』という別タイトルで発売されていて、入手していました。年末に『スタンダーズ』をネットで発見し、詳しくチェックしないで購入したのですが、「あれっ、なんか聴いたことがあるような」と思い、『ジャズ・ストレイト・アップ』を確認したら、なんとまったく同じアルバムではありませんか。ただ、今回は+DVDなので、まったくの無駄というわけではないのですか、凄く残念!!
どなた様も、同じ間違いをされませんように。


『スタンダーズ』
スタンダーズ

『ジャズ・ストレイト・アップ』
ストレイト・アップ

このアルバムは、スタンリーさんが「俺のベースを聴いてくれ」的に作ったものではありませんので、ゆったりした気持ちで聴いてみてください。

Lover Man
https://youtu.be/vYa457MxHpQ


Take Five
https://youtu.be/sraNmS0cRUM


スタンリー・クラーク、b
パトリース・ラッシェン、p
レオン・チャンスラー、ds


パイオニアPD-70
サンスイAU-9500
ビクターSX-WD5KT+ウッドコーンウーハー+パイオニア リボンツイーター

<追記>
今日は午前中、免許の更新に行ってきました。道路の凍結と、除雪の具合が分からないので、いつもより1時間早く出ましたが、スムースに行けて、大分待つことになってしまいました。講習は、いつもは教室にほぼ満員くらいの人出なのですが、席を半分にしても、7割程度の入りで、振り分けが上手だったのでしょうね。

スティングレー車検

昨日は予定の作業が早く終わったので、懸案のスティングレーの車検の見積もりに、オートバ○○スへ行きました。19日までなので、日にちを選んでいる余裕はないとは思っていたのですが、「今日は空いてますから、今からできますよ」ということで、やってもらいました。ただ、あくまで見積もりに行っただけだったので、納税証明書も税金分の現金も用意してなかったのですが、カードでいいですし、証明書は明後日までに持って来ていただければ、というありがたいお言葉を頂きました。
終了後には、「バンパーの傷みがひどいですが、車検は通りました。中古のバンパーを見つけて、車検後の保証を使えば、安く修理できますけど」との提案もいただき、それも即決でお願いしました。バンパーの左側には18年の大雪の際の凹みが、右側には今年の雪への突っ込みの際の割れがあります。右側の割れは、まだグラグラにはなっていなかったので、車検は通したということでした。やれやれ。

今朝の通勤路にて

通勤路の鮎街道の除雪が進み、今朝は勝山まですべてアスファルトが出ている状態でした。それでも放置車両がまだ残っています。10日には7台が放置されていました。

放置車
この車は9日には既に放置されており、進行方向とは反対の雪に突っ込んだままにしてあったもので、側面が大型除雪車にこすられて無残な状態です。吹雪の中での除雪作業ですので、分からなくても無理はありません。昨日の朝にはビニールで養生してありましたが、除雪関係者がしたのかも。


勝山市内も段々除雪が進み、ロータリー車でダンプに飛ばしています。ただ、この作業ができるようになるまでの除雪が大変なのですよ。
除雪

本日のミッション、想定外に早く終了

今日は、コテージ西棟の屋根の雪下ろしです。コテージの屋根は標準仕様よりも角度をつけているので、落ち易くはなっていますが、なかなか落ちてくれません。7日から暖房は付けっ放しにしていて、屋根に接している雪が融けて滑る、という対策は取っているのですが、気温が低くて効果がありませんでした。
また、今日から少し雨が降るという予報なので、雪に雨が溜まって、より重くなるので、早めに落とす必要があります。
そこで今日のミッションは、屋根雪のバランスを崩すことです。エアストリームの屋根の雪下ろしと考え方は同じなのですが、雪は屋根馬の部分の雪がくっついていて、屋根全体が一つのまとまりになっていると考えられます。要は、屋根の左右でバランスが丁度取れているということは、重力で滑る力よりも、接着力が強い状態になっていると考えられるということです。そこで、片側の屋根の雪の重量を減らすと、バランスが崩れ、反対側の雪の重量により滑る力が、接着力を上回り、滑り落ちる、という計算です。ただし、これはあくまでもトタンやポリカという、滑りやすい屋根材だからできることであります。
ということで、左側の屋根の端の部分を少しづつ、下から上に向かって落としていきます。下の方を横に落としていくと、一気に落ちてきた場合、新聞に載ります(昨日と同じです)。成果が出ない場合は、屋根馬部分に亀裂を起こすために、少し屋根馬部分の雪を落とす予定でしたが、そこまで行く前に滑り落ちてくれました。


ヴィラ20210112




JBL4301のツイーター落札!

昨年、使用中の4301の断線が発覚してから、低予算のためにじっくりオクを当っていましたが、ようやく昨夜落札できました。
1月6日に開始価格の2,000円アップで入札し、放置していたのですが、昨夜、終了時間の1時間くらい前には、オクが終了しているようだったので、5,000円アップの送料無料の即決価格で、落札されてしまったのだろうと思っていました。
そして、先ほどヴィラに辿り着いて、一応ヤフーのメールを確認したところ、意外にも私が落札しておりました。競合の方は最後の一声を止めてくれたようで、ラッキーでした。
今は、届いても交換するような心境ではありませんが、除雪が終わったら、早速交換したいと思います。ただ、アクセス道路の除雪がいつになるか分からないので、配達の問題もありますね。


LE25-2.jpg

本日のミッション終了

今日の作業の目標は、エアストリーム3台の屋根の雪下ろしです。推定80㎝ほど積もっています。一部折れているところもあり、緊急の作業です。エアスト3台を巡るラッセルが一番の大仕事でしたが、雪下ろし自体はそれ程の作業ではありません。気温が上がっているので、屋根と接している雪が融け始めているので、ショックを与えると、一気に滑り落ちます。当然立ち位置に気をつけないと、新聞に載ります(当分発見されませんが)。
結局3台とも大なり、小なり折れている箇所があり、次の寒波までに修理できるか心配です。

エアスト1
1号車の骨折

エアスト2①
2号車の骨折

エアスト2②
2号車の骨折、これは修理が大変(中央右よりの凹み)

エアスト1②
1号車の雪下ろしの後

エアスト2、3
2、3号車の雪下ろしの後

ヴィラの現在の様子

昨日は、通勤路の鮎街道と迂回路の勝山街道で、共にトラックの立ち往生のために、行くことができませんでしたが、今日は除雪作業待ちの40分を含めて、3時間掛けて辿り着きました。ヴィラの上の幹線道路に車を停めて、230mをラッセルしながら歩いたのですが、ヴィラの敷地内はアクセス道路よりも雪が深く、肝心の目的である、エアストリームの屋根雪下ろしができません。エアストリームに辿り着くまでに、体力を消耗しそうなのでギブアップです。道路事情が回復したら、時間ができると思いますので、今日は諦め、です。

ヴぃら20210110②

ヴぃら20210110①

ヴぃら20210110③

続きを読む

大雪警報、当りです

「今シーズン最強、数年に一度の寒波」という予報が当りですね。昨日の帰宅時は、5㎝程度でしたが、今朝は50㎝です。通勤路は除雪車が入っておらず、ホワイトアウトとまでは行きませんが、軽く吹雪いていて、道路の範囲が分かり辛い状況でした。こんなときは前の車のテールライトが頼りですが、前方から車が来ないときは、道路の真ん中を走る車で多いですね。それも計算に入れておかなくてはいけません。
勝山市内に入っても除雪車が入っておらず、ヴィラ付近の幹線道路もダメでした。道路に積もった雪が、ラッセルでフロントガラスに沿って吹き上がるので、前が見えにくいこと。
しかし、ヴィラへのアクセス道路は、何故か除雪車が入っていて、逆にビックリでした。入り口へは勢い付けて突っ込みます(笑)。午前中3時間除雪して、休憩後も2時間くらい除雪になります。


ヴィラ20210108②

ヴィラ20210108

MG850で聴く … パット・メセニー 『メセニー メルドー』

今日のMG850で聴くは、パット・メセニーさんのアルバム 『メセニー メルドー』06年 から3曲紹介します。
基本的にはパット・メセニーさんとブラッド・メルドーさんのデュオですが、2曲だけ、ラリー・グレナディアさん b とジェフ・バラードさん ds が参加しています(ただし、今回紹介分には参加していません)。


Pat Metheny - Brad Mehldau

パットさんの意図するものでしょうが、ラリーさんとジェフさんが参加している2曲は、パット・メセニー・グループ寄りの音楽になっています。

Find Me In Your Dreams
https://youtu.be/TkQ-gFmNYqo


Bachelors Ⅲ
https://youtu.be/LLfubsCt0Ww


Make Peace
https://youtu.be/bfZLJqWviCE


パット・メセニー、g
ブラッド・メルドー、keyb


パイオニア PD-70
サンスイ AU9500
フォステクス MG850バスレフ

昨日の、いこちゃんを探せ!の解答

いこちゃん20210105

グリーンのブランケットの上の方に、いこちゃんの手が出ていますね。

私が帰ると、いこちゃんがキャットタワーから降りてきて、横に座って、撫で撫での要求をします。しばらく撫でていますが、用ができて立ち上がる際、ブランケットをかけると、そのまま寝ています。

MG850で聴く … パット・メセニー 『トリオ・ライヴ』  partⅡ

今日のMG850で聴くは、昨日に引き続き、パット・メセニーさんのアルバム 『トリオ・ライヴ』00年 から3曲紹介します。
trio live

ライナーに、興味深いインタヴュー記事が書かれていて、このトリオの活動が終わる理由として、1つ目はラリー・グレナディアさんのスケジュールの都合がつかないこと、2つ目にパット・メセニー・グループの活動を再開することで、インタヴュアーの「パット・メセニー・グループは音楽的な完成度として一つの頂点を極めたから、その使命を果たしたのかと思っていたわ」という言葉に対し、「ぼくに言わせれば、達成率はまだ30%だ。まだメセニー・グループでやりたいことが山ほどあるのさ」と、答えています。なお、PMGのその時点でのアルバムは『イマジナリーデイ』でした

James
https://youtu.be/sJ4cX02EDco


Soul Cowboy
https://youtu.be/MijhbmsBCnQ


Night Turns Into Day
https://youtu.be/3ahvaoG3wLI


パット・メセニー、g
ラリー・グレナディア、b
ビル・スチュアート、ds


パイオニア PD-70
サンスイ AU9500
フォステクス MG850バスレフ

MG850で聴く … パット・メセニー 『トリオ・ライヴ』  partⅠ

今日のMG850で聴くは、パット・メセニーのアルバム 『トリオ・ライヴ』00年 から2曲です。
trio live

縞梟さんがパットさんのことをとても気にしていますが、パットさんは、誰がどんな演奏を求めているか、ではなく、今自分は何をしたいか、だけに忠実に、いろんなトライを重ねているだけだと思いますし、それは、マイルスさんを引き合いに出すまでもなく、多くのジャズマンも同じだと思いますね。
ECMというレーベルは、マンフレッド・アイヒヤーさんの主義でカラーが決まっているので、逸れる内容は難しく、リッチー・バイラークさんは反旗を翻したために排斥されましたが、パットさんは上手にレーベルを換えることで、こなしています。見方を変えれば、リッチーさんとの関係から、マンフレッドさんが学習したのかもしれませんね(大きなお世話か)。


Blight Size Life
https://youtu.be/V8TcQpX7rfo


Question And Answer FO
https://youtu.be/34Rw6uze0vg


パット・メセニー、g
ラリー・グレナディア、b
ビル・スチュアート、ds


パイオニア PD-70
サンスイ AU9500
フォステクス MG850バスレフ

昨日の記事の解答 &

昨日の『いこちゃんを探せ!』の解答は、必要がないくらいですが、一応紹介しておきます。

いこちゃん20210102②

かんちゃんの寝正月も
かんちゃん20210103

いこちゃんを探せ!!

簡単ですよね

いこちゃん20210102①


ヴィラの雪
軒下に溜まった雪を、すかさなくてはいけません。毎日地味な除雪作業してます。今シーズンは除雪機が気まぐれにストを起こしていて、不安がいっぱいです。

ヴィラ20210103

あけまして

あけましておめでとうございます

あまり面白い文は書けませんが、今年も、いろいろ綴っていきたいと思います。


我が家の雑煮
雑煮

我が家は白味噌仕立てで、キャベツを入れます。ただ、今年は家内がアレンジして、ロールキャベツみたいに餅を包んでいますよ。おまけに、他には何も入っていないのが定番でしたが、煮物の具も入れてみたそうで、子供たちからも突っ込みがありました。

オーディオ・ジャズ・スポーツ・にゃんこ、いろいろ綴ってまいります

ファミリーヴィラ

Author:ファミリーヴィラ
昔憧れたオーディオへのノスタルジーをテーマに、緩くオーディオ&ジャズを楽しんでいます。その他、猫のいこちゃんやトイプーミックスのかんちゃん、スポーツのことなど、綴ってまいります。
チワワのライ君は遺影です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR